2009/12/17  23:22

【映画感想】キャピタリズム マネーは踊る ☆☆☆☆  映画感想 2008年〜

貧乏人はラッキーなんだぜ。なんたって、本当に天国に行けるのは、貧乏人なんだから。

〜ルカによる福音書 6:20 (翻訳 by Kumiko)

金がなくて、明日食べるもの明日着るものも買えなくったって、くよくよ気にすんな。空を飛んでる鳥を見ろ。畑に種を撒いたり、収穫を倉に貯め込んだりするか?それでも神様がちゃ〜んと養ってくれてるじゃないか。野っ原に咲いている百合を見ろ。あくせく労働したり、せっせと糸を紡いだりしてるか?それでも、断言するけど、いちばん景気が良かった頃のバビロンにだって、こんなにキレイな服を着たやつはいなかったね。...明日のことは、また明日考えりゃいい。今日考えるのは、今日の苦労だけで十分だよ。

〜マタイによる福音書 6:25 (翻訳 by Kumiko)

金持ちが天国に入るのは、ラクダが針の穴を通り抜けるより難しい。

〜マルコによる福音書 10:25 (これは普通の訳)


はは、いきなり、聖書の勝手訳から始めてしまいましたが...

いえね、私が「キャピタリズム マネーは踊る」の感想を書くのなら、「資本主義は悪か、社会主義はマイケル・ムーアが言うほどいいもんか?」みたいなことを論じても、しょーがないと思いまして。「資本主義」も「社会主義」も「共産主義」も定義の問題で、そりゃスターリンがやってたことを「=共産主義」と思うなら悪いに決まってるし、この映画で描かれているゴールドマン・サックスの行為のようなメチャクチャを「=資本主義」と呼ぶなら、そりゃ悪いに決まってる。第一、そういう経済学入門みたいな議論なら、よそで他の人たちが死ぬほどやっているだろうしね。

だからここは、fellow liberal Catholic(リベラルなカトリック教徒のお仲間)として、この映画で一番「おお、そうだそうだ!私もずーっと前からそれが気になっていたんだよ。よくぞ言ってくれました!」と思ったことを書きたいと思います。もっとも、マイケル・ムーアがカトリックだなんて、この映画観るまで知りませんでしたけど。
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ