2009/12/21  23:29

【映画感想】カールじいさんの空飛ぶ家 ☆☆☆☆  映画感想 2008年〜

ちょうど都合の良い時間にやっているのが3D上映だったので、初めて映画館で3D映画を観ました。(今までに観た3D映画って、ディズニーランドのマイケル・ジャクソンのやつだけだったのです。)3D上映はまあ、もの珍しくて楽しかったのですが...この映画に関しては、「3Dで観ないと損!」というほどのことはないかな。ディズニーランドの「キャプテンEO」の「3Dであることの価値」が90%だとすれば、これは10%ぐらいか。

それでも、「空飛ぶ家」が舞い上がるところなんかは、3Dならではのワクワク感がありましたが。

PIXERの映画を観ると、いつも「子供もすごく楽しめるだろうけど、でもこの映画の本当の意味は、子供にはわかるまい」と思うのですよね。この映画は特に、いつにも増してそうでした。私の年齢でも、まだ十分にはわかってないんじゃないかと思うほどで。

なにしろ、最初の10分ぐらいで、人の一生分の...いや夫婦だから一生分×2の、喜び悲しみの全てが描かれて、その二人分の人生の「重さ」がすべて、ひとつの家にかかってくるのです。この夫婦に子供がいたら、子供たちが巣立って別の家を作ったり孫ができたりで、ある意味分散されると思うのですが...子供がいないので、二人の60年分の夢だの失望だの幸せな思い出だの、全てがひとつの家に留まって完結している。それがどんなにものすさまじく「重い」ものか、たぶん子供や若い人には感じられないだろうな。

だからこそ、そのすさまじく重い家が風船の力で舞い上がるところには、何とも言えない爽快感があるのですけど。

でも、ほどなくその家は、カールにとって「重荷」になるのです。いやもうそれは、文字通りの意味で。

以下ネタバレ
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ