2010/2/17  23:26

拍手コメントお礼  パトリック・オブライアン

拍手コメントお礼です。
続きを読む

2010/2/14  20:35

オーブリー&マチュリン「21」(その25・終)   パトリック・オブライアン

クリックすると元のサイズで表示します
「喪に服するH.M.Sサプライズ号」パトリック・オブライアン追悼 2000年1月

前回の決闘の後、「大恥をかいたミラー大尉は旗艦のキャビンに閉じこもり、めったに顔を見せなくなった」という噂話を、キリックがミラーの召使から聞きこんで、大喜びでサフォーク号内に広めている...というところで、オブライアン氏の遺稿は途切れています。

この、最後のエピソードが意味するところは、スティーブンはもうほぼ間違いなく、クリスティーンと結婚するということでしょうね。お幸せに...

途中で遺稿が途切れてしまったのは本当に寂しいのですけど、反面、こうしてジャックの家族もスティーブンの家族も一緒にいるところで終わっているのは、なんだか嬉しいです。この後、家族も一緒にずっと航海を続けたような気がするのですよね。

「21」の本には、この後リチャード・スノーによる「あとがき」があり、裏表紙はジェフ・ハントによる上のスケッチになっています。このスケッチに添えられた文章を訳して、「21:The Final Unfinished Voyage of Jack Aubrey」の紹介の締めくくりとしたいと思います。

「この『愛しのサプライズ号』の小さなスケッチを、追悼のために捧げたいと思う。エリュシオン海(※)のどこかを航海していたオーブリー艦長は、しばしの間錨を下ろし、彼の創造主に礼砲を捧げることにした。海軍のしきたりに従い、ヤードは傾けられ、旗と三角旗は半旗に垂れさがり、大砲は礼砲の音を轟かせた。艦上ではおそらく、総員の点呼が行われ、皆が黒を身につけ、剣は逆さに掲げられ、葬送行進曲が演奏されたことだろう。しかし、長くは続かない。捕まえなければならない潮があり、利用しなければならない風がある。彼女は、一刻も無駄にできないのだ。彼は逝ってしまったかもしれないが、サプライズ号と彼女のおなじみの乗員たちは、我々の心の中を永遠に航海し続ける。」〜ジェフ・ハント 2000年1月

※Elysian Seas:Elysianはギリシア神話に登場する死後の楽園で、神々に愛された英雄たちの魂が暮らす世界。

2010/2/13  21:49

雪は降る、アル・ゴアは来ない(今週のThe Daily Show)  ジョン・スチュワート

アメリカ東部は記録的な大雪だそうで。

The Daily Show With Jon StewartMon - Thurs 11p / 10c
Unusually Large Snowstorm
www.thedailyshow.com
Daily Show
Full Episodes
Political HumorHealth Care Crisis

続きを読む

2010/2/11  21:08

旧友(先週のThe Daily Show with Jon Stewart)  ジョン・スチュワート

先週の木曜のゲストは、ニューヨーク州第9区代表下院議員、アンソニー・ウィナー氏(民主党)。彼は、ジョン・スチュワートが政治献金したことのある唯一の政治家なのです。

なぜなら...彼はジョンの元ルームメイトだから(笑)。

正確に言えば、ジョンのルームメイトだったのはウィナーさんのガールフレンドで、当時まだ親の家に住んでいたウィナーさんはジョンたちの部屋に入り浸っていたとか。なんか、フクザツな関係みたいに聞こえますが、男と女のルームメイトって別に珍しくないようですね、アメリカでは。

とにかく、彼らは若い頃からの旧友で、今でも友達関係を維持しているようです。でも彼をゲストに呼んだのは、別に思い出話に花を咲かせるためではなく、ウィナーさんが今、医療保険制度改革でがんばっているからなんです。

The Daily Show With Jon StewartMon - Thurs 11p / 10c
Anthony Weiner
www.thedailyshow.com
Daily Show
Full Episodes
Political HumorHealth Care Crisis


続きを読む

2010/2/8  22:36

ジョン・スチュワートvビル・オライリー @Fox News  ジョン・スチュワート

私としては本当は、「The Daily Show」の方を紹介したいんですけどね〜(笑)。でも、ここ数日もっぱらの話題だったのは、Foxニュースのビル・オライリーの番組「The O'reilly Factor」に出演したジョン・スチュワートのインタビューでした。

これは生放送ではなく、42分程度のインタビューを編集したものが2夜に分けて放送されたそうです。その後で、Foxニュースの公式サイトにノーカット版が掲載されたのですが、「スチュワートの主張の中で、一番ポイントを突いているところはカットされてたんじゃないか!(オライリーが大統領に立候補したらジョンを副大統領候補に選ぶとか、くだらない冗談はカットしてないくせに)」という記事も出ていました。※1

それでも、サイトにノーカット版を載せるだけ偉いのかなあ。まあ、わざわざネットでノーカット版を見るのはジョンのファンのリベラル派の方で、Foxのいつもの視聴者は放送しか見ないだろうという計算だと思いますけどね。サイトに載せとけば、一応言い訳は立つし。

Fox News のサイト「オライリー・ファクター」ジョン・スチュワート(ノーカット)

Foxの公式サイトに行きたくない人は、コメディ・セントラルのブログに埋め込みがあります。

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ