2010/4/15  21:23

【読書感想】When You Are Engulfed in Flames デビッド・セダリス  読書&アート

Amazon: When You are Engulfed in Flames

以前に「Naked(すっぱだか)」の感想を書いた、デビッド・セダリスさんの(今のところ)最新作の感想です。

この本、実はもう1年以上前に読んでしまったのですけど、感想を書こうと思いながら書きそこねていました。で、ここんとこネタが不足しているので、この機会にと思って。

これを読んでみたいと思ったきっかけは、セダリスさんが「The Daily Show」のゲストに出て、これは「禁煙するために日本に行った」時の話だと語っていたことに興味を引かれたからです。禁煙するために日本??どういうこっちゃ、と思って。

日本に来た話が書かれているのは、この本の最後の(一番長い)章「Smoking Section」です。

まあ、結論を言えば、日本である必要はまったくなかったみたいなんですけどね。十代の頃からの重症ニコチン中毒であるセダリスさんが禁煙を決意して、医者に「禁煙するには、一番つらい時期に旅行して環境を変えるといい」と言われたので、日本には行ったことがなかったのでこの機会にと思って...まあ要するに、出版社が「ネタになりそう」と思ってお金を出してくれたのでしょう。

で、セダリスさんは、パートナーのヒューさんと共に(セダリスさんはゲイです)、六本木の外国人用高級マンションに滞在したようです。舞台美術家のヒューさんが日本美術を探求する間、セダリスさんは日本語学校で落ちこぼれたり、二人で広島に旅行したり...
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ