2011/1/31  22:18

【映画感想】The Kids Are All Right (邦題:キッズ・オールライト) ☆☆☆1/2  映画感想 2008年〜

<あらすじ>医師のニック(ニコール)と専業主婦のジュールスは結婚20年のゲイカップル。精子提供で産んだ娘のジョニと息子のレイザーと4人家族で仲良く暮らしている。ジョニが18歳になり、弟の希望で、母たちには内緒で精子提供者に会うことに。二人の生物学的父親(同じ人物)であるポールは、優しくて人好きのする、しかしどこかいい加減な感じの独身男だった。

こういう、昔ながらの標準に沿っていない家族の話といえば、世間の偏見や迫害に団結して立ち向かう立派なひとたち、というイメージがまずわいてしまうのだけど、この家族にはそういうところはない。いや、世の中の偏見と戦うってのも、当初はあったのかもしれないけれど、それはとっくに乗り越えている感じ。

ニックが娘に「誕生祝いのお礼状を早く書きなさい」と口うるさいあたり、「ゲイカップルの子供だから、礼儀知らずと見られないように気を遣っている」と見ることもできるけど、単にもともとの性格がコントロール・フリークなだけのようにも見える。

そして、ニックもジュールスも、立派どころかけっこう欠点だらけ。見ようによってはダメダメな人々である(特にジュールス)。

以下ちょいバレ
続きを読む

2011/1/31  7:00

1月30日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
1月30日 つぶやきまとめ


23:30
アルジャジーラがんばるなあ。おかげで、イランの時よりさらに臨場感凄いわ。 http://english.aljazeera.net/watch_now/ イランの時も感じたけど、ますます日本の報道の別世界ぶりに違和感が...
2011/01/30 Sun 23:30 From web

21:01
Winter's Bone見終わったなう。17歳の闘う美少女の物語。(<すごく誤解を招くまとめ方)
2011/01/30 Sun 21:01 From web




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ