2012/3/15  19:31

ひさびさに、政治っぽい話  日常雑記

ツイッターに書こうと思って下書きしたのだけど、長くなったのでこっちにした。

君が代の話、そもそものポイントは「歌うことを政治家が(歌わないと解雇、みたいに実質的権力を伴う形で)強制できるか、その強制を法制化することは憲法に照らして許されるか?」ってことだと思う。だから校長が口元を見ている、みたいな話はむしろ、いわゆるknee-jerk reactionを狙ったポイントずらしに思える。

心配なのは「政治家が強制してよい」と法的に「認められる」ことで、実際には口パクでバレないからいいじゃん、って話ではないのよね。歌わない教師が(個人の資質として)ダメ教師か否か、ということも関係ない。

橋下市長は、市役所で職員の思想調査(密告奨励)の強制アンケートというそれこそマッカーシーの「非米調査委員会」そのもののことをやろうとして、そっちの方がよっぽど憲法違反だと思うのだけど、「君が代」の話の方が反応が大きい。それは、役所に勤める人は一部だが、学校はみんなが一度は通ったことがあるので、自分の昔の経験とか持ち出して口を出したがるからのような気がする。

学校の話となると、どうしてみんな「昔、通ったことがある」ってだけで現場を知ってる気分になるのかね?まあ、それゆえ良くも悪くも感情的反応を集めやすいからこそ、橋下氏もまず学校・教師を叩くのだろう。

そっか、学校の話ならみんな感情的反応をしてくれると期待しているからこそ、自分の共通テスト政策が「壊滅的失敗に終わったアメリカの『落ちこぼれゼロ法』と内容同じ」と理性的に事実の指摘をしている報道には、「報道の自由を超えた暴挙だ!」とか怒ったんだな、橋下氏は。

knee-jerk reactionを集めやすいからわざとそこに集中する、っていうのは、アメリカだと避妊と中絶の話になるんだろうか。ちょっと前だとゲイの話も入ってたけど。それに共通するのは、基本が宗教の話ってことだよね。日本の場合も、要するに「宗教」なのだと思う。

アメリカと比較して、アメリカ人は自由の国と言われるが国旗・国歌を大事にしているよ、と言う人もいるが、アメリカの場合、個人の思想の自由、「国旗・国歌に敬意を表明しなくても罰せられない」という自由を保障しているのが憲法で、その憲法の精神を象徴しているのがアメリカ国旗・国歌なわけで。日本の国旗・国歌はそうじゃないわけで、ちょっと単純比較するのは間違っていると思う。橋下氏は日本国憲法自体を否定しているし。

むしろ、社会的意味・国民感情における位置づけとしては、日本の「国旗・国歌」のアメリカにおけるequivalentはアメリカ国旗・国歌ではなく、「キリスト教」と考えた方がわかりやすいかもしれない。日本では森元首相の「日本は天皇を中心とした神の国」発言があったし、アメリカ保守の人は「アメリカはキリスト教精神に基づいて建国された国」とよく言うしね。(<これは間違っているんだが。)

そしてやっぱり学校・教師ね。映画「ミルク」に、「公立の学校からゲイの教師を解雇する」住民投票の話が出てくる。「ゲイであることは自由だけど、子供の教育にかかわることだし、子供たちの手本になる立場だし、税金で雇われている公務員だから(本来自由なはずなことを理由にクビにしてかまわない)」という理屈。

国歌を歌わないのはケシカラン、と個人の意見で言うのはかまわないし、校長が「式典では歌え!」と言って教師が「いやだ!」とモメたりしたら、それは生徒そっちのけの対立でどっちもどっちだけど、問題は、地方自治体の首長という権力者が「公立学校では、歌わない教師は解雇します」ということ、それが法的に認められることで。それを「公務員だから」「子供たちの手本となる立場だから」という理由で、憲法上の自由を制限することを国民が認めてしまう、というのが、非常に危険なポイントである気がする。「明日はわが身」的な意味で。

まあなんでもそうなんだけどね、私は君が代なんて別段何の感情もなしにずっと歌ってきたし、機会があればアメリカ国歌だってゴッドセーブザクイーンだって歌うが、歌いたくないと思った歌は歌わなくても罰を受けない国に住みたいと思う。それに、公務員が国歌を歌うつもりがあるかどうかより、政治家が憲法を守るつもりがあるかどうかの方が大事だと思う。

と、ここまで書くと、ごく当たり前の話でわざわざ私が書くまでもないような気もしてきたが、まあいいか。

2012/3/15  7:00

3月14日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
3月14日 つぶやきまとめ


22:38
ウィル・ファレルが #TheDailyShow にくるときは、いつもその前のセグメントでジョンが言った冗談にひっかけたものを持って登場するのよね。直前までわからないから、スタジオ内で探し回るんだと思う。爆笑。Will Ferrell http://t.co/411xaro9
2012/03/14 Wed 22:38 From Tweet Button

22:32
子供の頃、不思議だと思っていたよくあるセリフ(3): 子供が問題を起こしたとき、父親が母親(妻)に言う「お前の育て方が悪い」 これはドラマによくあった。あんたは育ててないのか?と
2012/03/14 Wed 22:32 From web

22:30
子供の頃、不思議だと思っていたよくあるセリフ(2):おじさんが言う、「キャバレーのホステスに『モテる』」 仕事で相手しているのだから、「モテる」もなにもないのでは?と思っていた。
2012/03/14 Wed 22:30 From web

22:23
子供の頃、不思議だと思っていたよくあるセリフ(1):風呂を覗かれたたり、スカートをまくられた女の子が「もうお嫁に行けない!」 つまり裸や下着を男に見られた女は「穢れた」「傷モノ」とみなされて結婚できない、という意味だけど、子供の読むマンガでもこういうセリフが平気でよく出てきた。
2012/03/14 Wed 22:23 From web

21:14
千葉で5強か。5強ったら、3・11のときの東京ぐらいじゃないか。千葉の人だいじょうぶー?
2012/03/14 Wed 21:14 From web

17:45
@jigokumimi 30分なら、かなり親しい人ならぎりぎりOKレベル、かなあ...
2012/03/14 Wed 17:45 From web jigokumimi宛

13:16
@batako_azuki 「大」貴族は言いすぎかもですが、たしか「貴族の娘」だったかと。妖精は「本来、貴族の令嬢として招待されているはずの舞踏会に行く生来の権利」を取り戻してあげたのですね。ディズニーはそのへん「民主主義的」に変えていると思いますw
2012/03/14 Wed 13:16 From web batako_azuki宛

13:09
ええっ?人の家に行くのなら、約束の時間より「やや遅く」着くのが常識だろう、日本でだって。
2012/03/14 Wed 13:09 From web

00:01
【忘れがちなこと】シンデレラは継母に冷遇されていただけで、もともと大貴族の令嬢
2012/03/14 Wed 00:01 From web


2012/3/14  7:00

3月13日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
3月13日 つぶやきまとめ


23:56
(run Robertというのが謎だな...run withだったかも)
2012/03/13 Tue 23:56 From web

23:56
My Fair LadyのThe rain in Spainじゃないけど、高1の時英会話教室で英人先生に、(日本人が苦手なRとthを練習するために)「I'd really rather run Robert, thank you」という謎のフレーズを言わされたのを思い出した
2012/03/13 Tue 23:56 From web

23:51
.@tnakamura23 さんの「My Fair Lady を鑑賞する人々」をお気に入りにしました。 http://t.co/EamPLQzg
2012/03/13 Tue 23:51 From Togetter

23:41
@hina_shella 台東区あたりも多いです。
2012/03/13 Tue 23:41 From web hina_shella宛

23:34
@elecutewim あ、あれは、あまりの評判の悪さに見ていませんw 原作好きなので残念です...
2012/03/13 Tue 23:34 From web elecutewim宛

23:31
だいたい昔は、結婚して2年間子供ができなきゃ問答無用で離婚だものな。夫は再婚、離縁された妻は「石女(うまずめ)」なのでもちろん再婚できるわけがなく、実家が金持ちなら出戻り娘として養ってもらい、そうでなきゃ死ぬしかない。
2012/03/13 Tue 23:31 From web

23:22
(関係ないが思い出したのでついで)東京に住んでいると、昔の「色街」の近くには寺が多く、墓地も多いと気づく。普通、人間はある場所で生まれて生きてそこで死ぬが、江戸の色街には「田舎から若い女が大量に送りこまれる→そこで若死にする」という人口動態のゆがみがあったということ
2012/03/13 Tue 23:22 From web

23:09
続)そのお手伝いさん、たぶん、12歳とか13歳とかだったと思うけど...1) そのぐらいの女の子でも働きに出さないといけない 2)おねしょをしないように、という教育も受けていないほどほっとかれて育った ということ。日本もほんの(?)60??70年前は、そういうカンジだったわけで。
2012/03/13 Tue 23:09 From web

23:07
母(80)の実家は全然金持ちとかじゃないのだが、祖母が夫を亡くして女でひとつで零細町工場をやっていたので、田舎の農家から「お手伝いさん」を雇ったのだが、そのお手伝いさんが「おねしょ」をするので母が面倒みないといけなくて困った、という話をしていた。
2012/03/13 Tue 23:07 From web

23:01
@nanamiutena @CookDrake そもそも少子化が始まるのは、「労働力確保としての子供作り」をしなくてよく、女の子が12や13で結婚しなくても生きて行けるだけの余裕が社会に出来たときです。昔の日本や途上国は、母性幻想もクソもないですね。
2012/03/13 Tue 23:01 From web nanamiutena宛

19:23
反射的に「そりゃヒドい!」と思う報道ほど、あとでよく聞いてみると事実はだいぶニュアンスが違うってこと多いからな...
2012/03/13 Tue 19:23 From web

17:47
吉田秋生のマンガ「櫻の園」の映画化を見たときに感じたなんとも言えないキモチワルサを思い出した。原作マンガはかつて女子高生だった作者自身の声だが、映画の女子高生はまさにオヤジの想像の産物に変容していた。実在事件じゃなくてマンガだから、問題になることはなかったけど
2012/03/13 Tue 17:47 From web

17:44
アーザル・ナフィーシー(テヘランでロリータを読む)が言っていた、「他人の想像の産物にされてしまうこと」の恐ろしさ、ですな。 https://t.co/XI3KGSRk
2012/03/13 Tue 17:44 From web

12:15
♪二人で世界を旅しよう アルバータからオンタリオまでー♪
2012/03/13 Tue 12:15 From web

12:10
「人は親切で礼儀正しくて人種差別もなくて他国を侵略とかしなくて医療はタダ!」みたいな。>カナダ
2012/03/13 Tue 12:10 From web

12:07
いや、「カナダって何にもないじゃん」っていうのは、「他の先進国の悪いところを全部なくした理想の地」だと思っていることの裏返し表現なわけでね。アメリカ人リベラルのカナダ観の影響なわけだが。
2012/03/13 Tue 12:07 From web


2012/3/13  7:00

3月12日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
3月12日 つぶやきまとめ


23:16
なんだかんだ言って、「フレンズ」とか「ママと恋に落ちるまで」とか、恋愛ものSitcomって、同時代のロマコメ映画にかなり影響してるんじゃなかろうか。ネットワークTVの高視聴率番組なら、ヒットした映画と比べても見る人の数はケタ違いに多いしねえ。
2012/03/12 Mon 23:16 From web

22:58
@mizukawaseiwa 友だちに、My Fair Ladyがきっかけで大学で英語学専攻した人がいましたよ。
2012/03/12 Mon 22:58 From web mizukawaseiwa宛

22:52
第4シーズンに「Benefits」という、テッドとロビンが「friends with benefits」になる話もあったしなあ。ヒロインのお母さんがバーニーのお母さんそっくりだしw まあ、今ロマコメ見ると全部連想が「ママと恋に...」にいってしまうだけかもしれないが
2012/03/12 Mon 22:52 From web

22:50
「ステイ・フレンズ」は良くできているけど、劇中映画にジェイソン・シーゲルが出てくるせいか、なんか「ママと恋に落ちるまで」(How I Met Your Mother)ばっかり連想してしまった。
2012/03/12 Mon 22:50 From web

22:45
レンタル「ゴーストライター」&「ステイ・フレンズ」だん。どっちも面白かった。「ブレア首相がああだったのは、実はこういうわけだったんだー」...とか想像すると面白い。
2012/03/12 Mon 22:45 From web

01:54
小さな積み重ねが、大きな力に。ユニリーバ東日本大震災ツイッター募金(無料) http://t.co/Hy4pz0Ku #unileverjapan
2012/03/12 Mon 01:54 From ユニリーバ ツイッター募金

00:25
Through this difficult year, the support from all over the world has been a tremendous help for us in Japan. #311fromjapan
2012/03/12 Mon 00:25 From web


2012/3/12  7:00

3月11日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
3月11日 つぶやきまとめ


14:44
黙祷
2012/03/11 Sun 14:44 From web




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ