2006/6/27  20:39

ミュージカル化妄想  ミュージカル

NHKBSで放送されたトニー賞授賞式を見ました。今年はヒューの腰振りがなくて淋しい…(待て、毎年やらせるつもりだったのか?)

最近、非ミュージカル映画のミュージカル舞台化が流行っているようですね。「プロデューサーズ」の成功の影響でしょうか。去年はモンティ・パイソン(「スパマロット」)と「ペテン師とサギ師」、今年は「ウェディング・シンガー」と「カラー・パープル」がミュージカル作品賞候補に上がっていました。

そこで唐突に…ミュージカル舞台化したら面白いんじゃないか、とわたしが思う非ミュージカル映画、ベスト5。 (もちろん、全部大・大好きな映画ばかり):

1.「恋愛小説家」
一番最初に思いついたのがコレなのです。メルヴィン(ジャック・ニコルソンが演じた主人公)にはネイサン・レインなんていかがでしょう。サイモン(グレッグ・キニア)がキャロル(ヘレン・ハント)のヌードをスケッチするシーンあたり、素晴らしいミュージカルシーンになりそう。

2.「L.A.コンフィデンシャル」
「グラ」もいいけど、コレ、すごく想像が(妄想が?)広がる。これはぜひ、映画そのままのキャストで(笑)

3.「グラディエーター」
前に掲示板でそんな話をしたような…これは実際にやるって噂をマーフで読んだことがあるけど、本当なのかなあ?

4.「ホテル・ルワンダ」
アフリカ音楽満載の感動系ミュージカル。いや、「カラー・パープル」がアリなら、これは絶対アリだって。いっそ「シンドラーのリスト」も…いや、それはやりすぎかな。

5.「ブロードウェイと銃弾」
チャズ・パルミンテリがやったギャングにタップダンスを踊ってほしい。主人公(ジョン・キューザック)とギャングが、かけ合いでガンガン脚本を直してゆく歌とか…

次点「ヤング・フランケンシュタイン」
これは今頃ホントに企画が進んでいそうな気がする。若きフランケンシュタイン博士はマシュー・ブロデリックで。

「ラブ・アクチュアリー」、「アバウト・ア・ボーイ」、「恋人たちの予感」なんてのも考えましたが、音楽の使い方がすでにオシャレな映画だと、ミュージカル化を想像してもあまり面白くないのよね。そのまんまって感じで。

追記。アマゾンからようやくオブライアン7巻きました。「早くするために上巻を先に送る」とメールきてたのに、結局、上巻と下巻と別便で同時に届いた…まあ、送料がかかるわけじゃないからいいけど。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ