2006/6/30  21:10

7巻トリビア  パトリック・オブライアン

1章(上巻26p)で、ジャックが港湾司令官に、スティーブンのことを「1802年からずっと航海を共にしている」と言うセリフがありましたね。(<これは原書でもそうなっています、念のため。)

あれ?1800年からじゃなかったっけ?と、原書を読んだ時も思ったのですが、その時たぶん私は「『…からずっと航海を共にしている』ということだから、和平の時に一緒に陸にいた期間(2巻)は含まないのだな」と、いい加減な納得をしていたのでした。

でも、よく考えてみると、和平になったのは1802年だけど、その和平が破られて再び戦争になってジャックがクマになって(中略)ポリクレスト号に乗ったのは1803年ですよね、1802年じゃなくて。

Gunroomも見たのですけど、これ、やっぱり間違いのようですね。さて、ジャックが間違えたのか、オブライアンが間違えたのか、どっちでしょう。

7巻はすでに「長い1813年」に入っているので、全般的に時系列を曖昧にするためにわざと間違えた、というのもあり得るかも。

<メールフォームお礼>

>6/28にメッセージ下さった方
ほんとにそうですよね〜。
出来事そのものもさることながら、頼むからこんなに「さりげなく、サラっと」書かないでくれ〜〜!という感じです。
21巻は、どうだろう…少なくとも、「私には」価値はじゅうぶんありました。
直筆のスキャンは、私も最初「読めない!」と焦りましたが、英語圏の読者が解読してくれたものがGunroomにありますのでご安心を。(http://www.hmssurprise.org/Resources/XXI/
文章そのものは短いですが、発展はあります。主に家族関係ですが。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ