2007/1/18  22:59

ヘンダーソン夫人の贈り物 ☆☆☆  映画感想 〜2007年

ヘンダーソン夫人が、もっとめちゃくちゃやって、ワガママ言って、周囲を振り回してくれるのを期待していたのですが…「なんだ、意外とおとなしいじゃん」というのが正直な感想。

それに…女性が何か変わったことをして世の批判を浴びたとしても、「母としての心」というのはいつでも最強のカードなんだな、と、ひねくれたことも考えてしまいました。

でも、レビュー場面は文句なく楽しかった!日本の「額縁ショー」の元になったと聞いていたので、もっと隠微なカンジを想像していたのですが、カラっと明るく楽しい舞台でした。人魚の扮装のセミヌードなんか可愛かった。まあ、これから戦場に旅立つ若い男が、あれで満足するとも思えないけど(笑)。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ