2007/5/26  22:26

Music and Lyrics  映画・俳優一般

チョサクケン的には問題ですが、「ラブソングができるまで」の歌をYouTubeで探して聞いていました。

"Pop! Goes My Heart"のPVを、「80年代ヒットソング集」のCDの合間に聞く。違和感ないない。

カーラの"Buddha's Delight"の歌詞のアホらしさもすばらしいです。(<本当にほめている)

…思ったんですけど、何かをおちょくった物を作ろうと思ったら、対象を知り尽くして、その物と同等、あるいはそれより上の品質のものを作らないといけないのですね。
(例えば、80年代ポップスをおちょくろうと思ったら、本物の80年代ポップスに負けない歌を作らないといけない。ファッション業界をおちょくった映画を作ろうと思ったら、本物の一流ブランドの最新モードを出さないといけない。)
それができるのは、やっぱりハリウッドだなあ。

それに、一昨日言い忘れたけど、ヒュー(の役)とドリュー(の役)が作る"Way Back Into Love"という歌が、これまた素晴らしい。来年のアカデミー賞では主題歌賞候補になりますね、きっと。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ