2007/7/25  22:08

デッド・ゾーン #3-9、#3-10  海外ドラマ:デッドゾーン

今回は2話まとめて。

#3-9「暴力の連鎖」原題:Cycle of Violence 暴力の連鎖
#3-10「本能」原題:Instinct 本能

<第3シーズン9話、10話ネタバレ>

#3-9「暴力の連鎖」

レベッカと一緒に高校の講堂で行われたJJの学芸会を見に行ったとき、その高校で生徒が銃を乱射するヴィジョンを見たジョニーが、事件を未然に防ごうとする話。

私がこれを見たのが、ちょうど例のバージニア工科大学の乱射事件の直後で…タイミング良すぎて嫌だなあ。バージニア州同様、メイン州も銃規制はだいぶん、ゆるいようです。子供たちが川原で銃をガンガン撃っていたりするシーンもあって、それだけで補導できないっていうのが、そもそも信じられないですよね。日本の…というより、アメリカ以外の国の感覚では。

学校に協力して、「犯人」を捜すため、校長とレベッカと一緒に生徒たちの面談をするジョニー。疑いはデレクという反抗的な少年に集まるのでした。デレク役は「ソプラノズ」の、トニー・ソプラノの息子アンソニーことロバート・アイラー君。やっぱり、親父の職業が職業だけに偏見の目で見られてしまうのでしょうか…(いや、違うキャラだから)

デレクが本当は暴力的な生徒ではないことを見抜いたジョニーは、彼をかばっていろいろ面倒を見ます。久々に「良い先生」モードのジョニーが見られてうれしい。

ラストでデレクは、過剰反応した警備員に撃たれてしまい、死ぬか助かるかわからない状況で終わるのですが…USAネットワークの公式サイトによれば、彼は助かったみたいです。("Read the article"のところ)よかった。

#3-10「本能」

突然、馬や飼い犬や野生動物たちが凶暴になり、人間を襲い始める…という、とってもホラーな雰囲気の話。でも、こういう話に限って、解明された原因がとっても現実的で世俗的なのが面白いですね。

パーディの精神不安定ぶりが初めて明らかになるエピソードでした。大丈夫なのか彼は。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ