2007/11/24  22:31

ディスタービア ☆☆☆1/2  映画感想 〜2007年

前回シャイア・ラブーフ君目当てで行った映画(トランスフォーマー)が当たりだったので、今回も期待して行ったら、また当たりでした。

話の大筋は、言われているようにヒッチコックの名作「裏窓」とほとんど同じなのですが…当時と現代とで違うのは、プロのカメラマンじゃないそこらのガキでも、デジタルビデオカメラだのコンピュータの画像処理ソフトだの暗視双眼鏡だの普通に持っていることですね。(…いや、暗視双眼鏡は持ってないだろ普通。)それと、ジェームズ・スチュアートがグレース・ケリーを恋人にしているほどの大人のいい男だったのにひきかえ、こっちの主人公はモテない17歳だということ。

17歳で男なんで、当然、かなり馬鹿です。しかし、馬鹿なわりには目ざとくていろんなことに気づくし、アイデア豊富でいろいろ変なこと思いつくし、おまけにしつこい。危険な組み合わせの性格だわ。でも、馬鹿なわりにはそれほどにはイライラさせられないのは、やっぱり若くてかわいいからでしょうかね(<オバサン発言)。

根はいい子なんだけどいろいろあって屈折している主人公、お調子者でお人よしの親友(名前はロニー君。いい味出してます)、頭が良くて冒険好きの女の子という「ハリポタ布陣」の3人が覗く…いや張り込みする相手は、ほどよく不気味な隣人のデビッド・モース。

<以下ネタバレ>


この隣人が連続殺人犯か、それともただのキモいおじさんか…まあもちろん、前者でなければ話にならないんですが。

うまいと思ったのは、スレッカラシ観客をハラハラさせるために、危険な目に遭わせる人の「人選」がいいことです。思わず、乗せられてドキドキしました。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ