2007/12/16  23:32

ぽた的思考(6)  ハリー・ポッター

さて、話はさらに妙な方向に向かいます。

日本人は伝統的に、なぜか「4」より「3」に分けるのが好きみたいなんですが…日本のおじさんの好きな一種の性格分類(?)に、「信長型」「秀吉型」「家康型」というのがありますね。

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」by 信長
「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス」by 秀吉
「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」by 家康

・・・というアレです。

まあ、本当にこの3人がこういう俳句を詠んだわけじゃないと思うので、実際にこの武将たちがどんな性格だったかはちょっとおいといて、俳句の方だけで考えますが…私は、「殺してしまえ」がグリフィンドール、「鳴かせてみよう」がスリザリン、「鳴くまで待とう」がハッフルパフだと思っています。

いや、グリフィンドールの「殺してしまえ」があまりにイメージ悪いというなら、「鳴かぬなら、放してやって鳴くやつを捕まえに行こうホトトギス」でもいいのですけどね。字余りだけど(笑)。

それと、ハッフルパフは本当は「鳴くまで待とう」というより、「鳴かなくても可愛がろう」かな。

これは3分類なので、レイブンクローがもれてしまいましたが…レイブンなら「鳴かぬから、鳴かない原因を解明しようホトトギス」(字余り)でしょうね。「鳴かせてみよう」と似ているようですが、レイブンクローは納得のゆく原因さえ判明すれば、結果として鳴かなくても別にかまわないのです(笑)。あと「鳴かぬなら、鳴き声以外にどういう価値があるか調べよう」(やっぱり字余り)でもOK。

ぐちゃぐちゃと書いてきましたが、それでは私自身はどうなのかと言うと…こんなにも役に立たないことを延々と考えているのだから、もちろんレイブンクローですね(笑)。某所のテストではハッフルパフの点も高かったのですが…勤勉じゃないからなあ、私。もちろん勇敢でもないし、野心もないし。消去法でいっても、やっぱりレイブンクローか。

この話はこれでおしまい。(やっと)



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ