2004/4/22  22:23

「王の帰還」やっと観ました(今回は余談だけ)  映画・俳優一般

遅いよ!と言われそうですが、やっと観て来ましたよ「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」(A)。映画の感想は明日、今回は余談を。

余談その1:こんなに遅くなったのは、「マスター・アンド・コマンダー」が上映されているうちはなるべくそっちを観たいということもあったのですが、最終回が6:20からだったのも大きい。早いってば!どうしろっちゅうの。でも待っていても上映開始時間が遅くなるわけでもないので、今回は仕事をぶっちぎって行ってしまいました。

映画館経営者にお願い:どんなに上映時間が長くても、平日の最終回はせめて7時台からにして下さい。土日集中度が軽減するし、働き者のサラリーマン・ウーマンも映画観る機会が多くなるし、早帰りのOLさんたちは見る前にちゃんと食事する時間ができて、まわりのレストランにも喜ばれると思うのですがいかが?

余談その2:丸の内ピカデリーって、まだ全席指定になってなかったのね。チケットを早めに買えば、待ち時間に買い物や食事ができるあの制度はとてもいいと思う。私は並ぶのが嫌い…いや、並ぶことそのものより、(食べ物屋とかもそうだけど)予約制とか整理券とかいくらでも方法はあるのに、長時間じっと立って待たなければならないという不便を客に強いて平気な経営者の神経が大嫌いなので。(だから「行列のできる店」には行ったことがない。)丸ピカは次の「キルビル2」から全席指定らしいけど、待ち時間の長い「王の帰還」でこそ最大の威力を発揮したと思うのにね。まあとにかく、銀座地区以外の映画館にも広がってほしい制度です。

余談その3:最近、ご存知の理由で予告編を見るのが嫌になり、全席指定をいいことに本編開始直前に映画館入りすることにしていたのですが、今回は久しぶりに予告編を全部見ました。ところがこれが…ほとんど良かったのよね。若い俳優が下手な演技でぎゃーぎゃー叫ぶ邦画の予告編はなかったし(あれは本当に苦痛だ…)洋画の予告編はほとんど本国版そのままみたいで、悪寒のする日本語ナレーションはなかったし。心配されていた「キル・ビルvol2」の予告編も、見たとこ割とまともだった。でもそうなると余計に、「どうして『M&C』だけが…」と、悲しい気分になったりもするのですけれど。

ハリポタ3作目予告のニューバージョンもありました。おわっ、ルーピンせんせのアップが!(見えるのは顔の上半分だけだけど)



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ