2008/5/31  22:03

The Daily Show 特派員ファイル【4】アッシフ・マンドヴィ  ジョン・スチュワート

アッシフについては、あらためて検索してみると「へー、なるほど」ってことがいろいろあって、いや調べてみるもんだな〜と思いました。例えば私、彼がほんとにイスラム教徒だってこと知らなかった。(インド系だから、なんとなくヒンドゥー教徒かと…)

彼の他の仕事って、「スパイダーマンをクビにしたピザ屋の店長」ぐらいしか知らなかったのですが、舞台の方では自作の一人芝居でオビー賞(オフ・ブロードウェイの最高賞)を受賞しているほどのキャリアの持ち主だったんですね。

この間うっかり「イギリス生まれ」と書いたのですが、正確にはインド生まれでした。1歳のときに家族で英国に移住して、さらにティーンエイジャーの時にアメリカに移住したみたい。

英国にいた頃は、白人ばっかりの全寮制男子校にいたせいで差別も経験したそうですが、アメリカに来てからは普通に楽しく演劇を続けて、ニューヨークで成功したわけですが…9・11以後、再び差別を感じるようになったとそうです。それまでは特に政治に興味なかったのですが、9・11後は好むと好まざるに関わらず、自然と政治色の強い作品(グアンタナモ収容所を扱った舞台とか)に関わるようになったそうです。まさに、デイリーショーにはうってつけの人材というか…

アメリカでも他の国でも、イスラム教徒に対する偏見って強いですもんね。彼自身は、イスラム教徒として育ったのに、「ジハード(聖戦)」という言葉なんか「アメリカのニュースキャスターの口から聞くまで知らなかった」そうですが。


2007/11/1

アメリカ政府は、「中東におけるアメリカのイメージを高める」というPRキャンペーンをやっているらしくて、それを「Hearts and Minds(心と精神)」と呼んでいるらしいのですが…それに関するセグメント。

マンドヴィ:米軍はアフガニスタンの子供たちに、各国の国旗をデザインしたサッカーボールをプレゼントしたんだ。いい贈り物だろう?でも一つ問題があって…このボールにはサウジアラビアの旗がついていて、その中には「アラー」という文字が入っているんだよね。なんでも彼らにとって、この言葉は『神聖』なんだって。だから、このボールを泥だらけのフィールドで蹴るなんて、とんでもないことだったらしいんだよね!誰がそんなこと知ってるかっての、ねえ?

スチュワート:アッシフ…それは誰でも知ってると思うけど。

マンドヴィ:そうなの?

スチュワート:君、イスラム教徒じゃなかったっけ?

マンドヴィ:なんだよ、あんた俺の母親?


マンドヴィ:中東の「ハーツ・アンド・マインズ」は、「アメリカに死を」レベルから、「さっさとわが国から出てゆけ!」を超えて、「マジでさあ、出てってくれないかなあ?」レベルに近づいている。

スチュワート:たしかに、少しはよくなっているみたいだね。

マンドヴィ:あ…ごめん、これはヨーロッパのグラフだった。中東のはこっち…



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ