2005/2/10  21:57


レイ ☆☆☆☆
「オペラ座の怪人」が満席だったので代わりに観たのですが、良かったです!観客が少なかったのがもったいない。

主人公(レイ・チャールズ)の、ヤク中のとことか、女に超だらしないとことか、けっこう金にも汚いとこも余さず描いているのに、見ていてなぜか彼を愛し、応援せずにいられない。彼がそうなった背景を描く回想シーンのはさみ方が上手いからかな。事実そのものが限りなくドラマチックなのに、セリフで「感動のだめ押し」をしようとせずに、音楽にゆだねる演出も好感がもてます。

愛人が泣きながら"Hit the road Jack"を歌うシーンが素晴らしい。"Georgia on My Mind"も。今まで何となく耳に馴染んでいた歌の、底にこめられた魂をはじめて理解する瞬間…鳥肌ものです。

*関西人Aさん
>荒地の魔女の呪い
私はどうでしょう。老婆になるとか幼稚園児になるとかじゃなくて、微妙〜に年とったりしそう(汗)。30代が40代になるとか、40代が50代になるとか。それも嫌だな〜(笑)。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ