2005/3/9  21:14

ADSL直りました。  ミュージカル

…一応直ったようです。So-netのサポートはなかなか良いわ〜

「オペラ座の怪人」(☆☆☆1/2)を見ました。うーん、ファントム役の人の歌声がイマイチなのが、何とも惜しいな〜。でも、やっぱり音楽はすばらしいですね。他のキャストはみんなよかったし。アンドリュー・ロイド=ウェーバーのなかでも、これは「ジーザス・クライスト・スーパースター」や「サンセット大通り」ほどのお気に入りじゃないと思っていたのですが、耳になじんでくるといい曲です。

でも、その後すぐにNHK衛星でやってた「オール・ザット・ジャズ」(☆☆☆☆☆)を観てしまったのがまずかった。頭の中をBGMは、すっかり取って代わられてしまいました。これ、15か16で初めて見た時も大好きだったけど、この年になって改めてみるとまた何倍も素晴らしく思える。ミュージカル映画としてはベスト10に入る傑作、どころか、1960年代以降(つまり、MGMミュージカルが衰退した後)の、映画オリジナルミュージカルとしては最高傑作だと断言できる。頭の中を「Bye Bye Life」と「ショウほど素敵な商売はない」が無限リピート状態です。

しかし、ミュージカルって明るく楽しいもののはずなのに、私が大好きなミュージカルってなぜか死ぬ話ばっかだ。(「ジーザス」「サンセット大通り」「オール・ザット・ジャズ」「ムーラン・ルージュ」…)




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2005/3/17  3:59

 

もうすぐ『シンデレラ・マン』が始まるので、ラッセル・クロウについて一言。彼は男の中の男だ。こんなにすばらしい俳優は、世界広しといえども二人といないだろう。野生的な芸術家。大胆でありながら、きわめて繊細。これは彼の芸の広さを見れば明らかである。ネオナチの... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ