2007/1/11  22:38

それってどうなの  ハリー・ポッター

この間電車の中で、中学生ぐらいの女の子たちがファンタジー小説の話をしていて、一人が「ハリー・ポッターは、わたしあんまり好きじゃない…」と言っているのを聞いて、「ハリポタの面白さは、子供にはわからない」と思わず考えてしまった私って…

この間観た「ヘンダーソン夫人の贈り物」は、もちろんデイム・ジュディ・デンチの演技や「英国で初めてヌード・レビューを上演した未亡人の話」という題材に興味があったこともあるのですが、観に行った目的はかなりの割合で「ハリポタ5作目でトンクスを演じるナタリア・テナをチェックする」ということでした。

彼女は、舞台で脱ぐ5人の女の子のひとり。彼女たちの中の「ヒロイン」は別のコで、ナタリアちゃんは脇役なのですが、明るくて可愛くていい感じでしたよ。それに、ちゃんとオトナでした。(「アバウト・ア・ボーイ」の少女のイメージしかなくて、ちょっとだけ心配していたのですが。)


2006/2/14  21:00

唐突なハリポタネタ  ハリー・ポッター

ここを読んで下さっている人の中で、ハリポタ好きな方っているのかなあ、と思いつつ…ほかにネタもないし、バレンタインってことで(<関係ない。)

6巻の話なので、一応、初めて「続きを読む」機能を使っておきます。(ストーリーには触れていませんが。)


続きを読む

2006/2/3  19:57

ハリポタ5作目キャスティング  ハリー・ポッター

アンブリッジ役は前に聞いていたけど、トンクス、ルナ・ラブグッド、シャックルボルト、ベラトリクス役も発表になったようですね。

「ポーッターマニア」さんのニュースページ

ルナちゃん役の子、かわいいですねえ。すごい富士額(笑)

私が一番気になるのはトンクスなのですが…ナタリア・テナ?この写真だけではよくわからないな。舞台女優さんのようですね。

「アバウト・ア・ボーイ」にも出ていたみたいですが…大好きな映画で、3回見たけど、おぼえてな…いや、ちょっと待て。

『エリー』って…マーカス少年が憧れていた上級生のパンク少女?子供じゃん!先生〜!(<冷静になれ、あれから5年ぐらい経っている)

クリックすると元のサイズで表示します
「アバウト・ア・ボーイ」の鼻ピアス少女(ナタリア)

あと、「学生時代のジェームズ・ポッター」役が決まったと聞いてびっくりしました。「あのシーン」は後々重要だから、映画でも絶対あると思っていたのですが、てっきりラドクリフ君の二役かと…

学生時代のルーピン、シリウス、スネイプ、リリーも早く見たいなあ。(特にスネイプ。「アラン・リックマン似の少年」を想像するだけで笑いそうです。)

いずれにせよ、楽しみです。撮影は6日からだそうです。キャストって、ほんとにギリギリで発表するんだな。

ところで…先日感想を書いた「ホテル・ルワンダ」ですが、上映予定の映画館はどんどん増えているようですね。めでたい。公式サイトの「上映館」のところをご覧下さい。


2005/12/28  0:44

ファンフィクション  ハリー・ポッター

(ハリポタ話です。おまけにファンフィクションネタです。興味のない方は飛ばして下さい。)

6巻を読み終わって以来、ハリポタの英語ファンフィクション(非スラッシュ)をいろいろ読んでいるのですが…読み続けている大長編が3つほどあります。(私、大長編ファンフィクションがけっこう好物なので)

その3つともが、リーマスさんがエライことになったところでクリスマスに突入するという凶悪なことになっています(笑)。心得ているというか…

…楽しい(笑)

その作者さんの1人なんですが、クリスマスプレゼントと称して、リクエストを受け付けて、お題にそったdrabble(掌編)をその日のうちに16編書いています。しかも、全部面白いという…

天才かも。

ttp://www.livejournal.com/users/fernwithy/


2005/12/21  20:49

謎のプリンス?  ハリー・ポッター

「ハリー・ポッターと混血のプリンス」の邦題が「ハリー・ポッターと謎のプリンス」になるらしい。

「混血」というのが差別表現になるとか、そういう理由なんでしょうね。
でも、文章自体にはこの言葉を出さないと話が成立しないのでは。
そもそも、いままでの巻にも出てきたことのある言葉だと思うけど…

題名なのがいけないのか?

中の文には使ってもいいけど、題名に使ったらまずい言葉−なんて、子供にどうやって説明するんだ?
というか、私にもわからん。

言葉を消して「無かったこと」にすればいいという日本の出版業界は、ヴォルデモートを「名前を言ってはいけないあの人」と呼ぶ魔法界に似ている…とか言ってみる。


↓下に書いたフィギュアスケートのことで、嫌いな政治家(ガイムダイジン)と意見が合ってしまいました。不覚(笑)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ