2007/9/17  20:32

映画評論というフシギなもの・その3【ますますえらそう注意報】  映画・俳優一般

前回までのあらすじ(みたいな)

1991年の夏ごろのこと、Kumikoは今まで当たり前のように読んできた映画評論というものについて改めていろいろ考え、(a)創り手にフィードバックされ、作品の成功・失敗の決定に影響する (b)観に行くかどうかの判断材料になる (c)読み物として読者を楽しませる…という3つの意義のどれも果たしていない日本の外国映画評論は「読む必要なし」という結論に達した。以来16年間、ほとんど読んでいない。


一方で、日本の外国映画評論は「評論」というより「解説」だという意見も聞いたことがあります。

「解説」なんてものが果たして必要かどうか…今は必要ないけど昔は必要だったんだろうとか、いや映画によっては今でも必要かもとか、まあそのへんは人それぞれでしょうけど。

それより問題は、「解説」にしても「評論」にしても、それを書く人…特にプロとしてお金をもらって書く人は、読者よりその映画に関して豊富な知識を持っていなければならないという、当然の大前提です。

映画評論家を名乗っている人々は、そう名乗る以上、映画に関してはそこらの素人には及びもつかない知識を持っているのでしょう。しかし私は考えてしまったのです。そもそも「映画に詳しい」って、一体何?と。

考えてみれば、世の中に映画は数限りなくありますが、内容は一本一本違います。その映画をより深く理解するために必要な知識は、一本一本違うはずです。

例えば、…経験40年の大ベテランで今までに見た映画は2万本、でも「ハリー・ポッター」の原作を読んだ事はない映画評論家と、今までに見た映画はせいぜい数十本だけど、「ハリー・ポッター」は暗記するほど読んでいる女子高校生がいたとして…「ハリー・ポッター」の映画だけに関して、どっちが詳しいかと言えば、私は女子高校生の方だと思います。

「マスター・アンド・コマンダー」の時は、私も好奇心に負けて「評論家」の文章をちょっとだけ読んだりしたのですが…「あーもうこの人全然わかってないな、はばかりながら、この映画だけに関して言えば、私の方が詳しいぞ!」…などと、何度イライラしたことか。

ほんとうは、こういう原作が有名な映画に限らず、どの映画だってそうなんだと思います。映画そのものは二時間でも、その背景には限りない世界が広がっている。もちろん、一観客として見るだけなら、その世界を知らなければならないということはない。映画だけを観て「あー面白かった」あるいは「よくわかんなかった、私の好みじゃないわ」で済ませてしまえばいいのですが。

しかし、いやしくもプロとしてお金をもらって、その映画について「評論」あるいは「解説」を書くつもりなら、読者よりその映画について詳しくなくちゃ意味がないと思うのです。原作があるなら、それを読んでいるなんていうのは、基本中の基本。

いや、でも、無理なのはわかりますよ。「ハリー・ポッター」なら一週間で読破するのも可能ですが、「マスター・アンド・コマンダー」の原作20巻を読もうと思ったら数ヶ月はかかるでしょうし。「トランスフォーマー」とかの場合、元のアニメをビデオで見たとしても、それで「その世界を理解した」ことにはならないでしょうし。

つまり、言いたいのは…「すべての映画に詳しい」ということはあり得ないということなんです。たとえ映画を何万本見ていても、ある特定の映画の知識に関しては、「他の映画はあまり観ていないけど、その映画の熱心なファン」という人にかなわない。

私が常々、「ある映画を好きな人と嫌いな人がその映画について議論したとしたら、好きな人の意見の方が絶対に正しい」と思っているのはそのためです。なんたって、好きな人と嫌いな人では知識量が違うから。

私が「マスター・アンド・コマンダー」の評論を読んだ(そしてガッカリした)ように、ある作品の「熱心なファン」の人が、「ファン以外の人」の意見を聞きたくて映画評論を読む、ということはあると思います。しかし、その時にファンが求めているのは、「評論」でも「解説」でもなく、むしろ「素人の新鮮な意見」なのです(笑)。

そこんところ、わかって書いてくれているのかどうか…いや、分かっちゃったら「評論家」なんてやってられないだろうな。わあ、我ながらイジワルだ…

この話はこれでおしまい。(多分)


2007/9/16  11:45

シンプソンズ問題その2  映画・俳優一般

「ザ・シンプソンズ」声優問題の続き。

ミュージシャンのライムスター宇多丸さんと小宮山さんがこの問題に関して語ったラジオ番組がポッドキャストで聞けます。

こう言っては不謹慎かもしれませんが、むちゃくちゃ面白かったです。みなさん聞いてみて。

http://d.hatena.ne.jp/SERIZO/20070916

いくら言っても配給会社側からは「何の反応もない」ということ、「この騒ぎだってうまく利用すれば宣伝になるのに」という発言、宣伝するひとたちが映画について何もわかっていないんじゃないかという疑念、こういう風に宣伝すれば面白いのにというアイデアがぽんぽん出てくるところ、怒り心頭になりながらも、時間制限内で現実的な落としどころを探ろうという意見…

なんか、もう、いろいろ思い出してしまいますよ(笑)。


2007/9/15  15:16

映画版「ザ・シンプソンズ」吹き替えキャストについて  映画・俳優一般

ホントニマッタク、日本の映画配給会社というのは信じられないほどアホなことを定期的にやらかしてくれますね。

シンプソンズはWOWOWでやっていた時に時々見ていた程度で、特にファンと言うほどでもないのですが、これはぜひ協力したいと思いました。

映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更に反対するBLOG

この吹き替えキャスト変更は「暴挙」というよりまったくの「愚行」かと。

私はアニメファンではないし、特に声優至上主義じゃないのですが…これは宮崎駿が「ハウル」役にキムタクを起用したのとかとは、まるでワケが違う。映画のオリジナルキャラクターに、クリエーター自身が納得して起用したなら別にプロの声優じゃなくてもいいのですが、これはそうじゃない。

何度も言っている気がしますが、自分の会社が配給する映画に対してもっと敬意を持ち、理解する努力をしてほしいものです。

2007/9/13  21:58

映画評論というフシギなもの・その2【さらにえらそう注意報】  映画・俳優一般

前回までのあらすじ(嘘)

Kumikoは中学1年の時から高校ぐらいまで「スクリーン」誌や「ロードショー」誌を毎月買っていて、プロの評論家による映画批評を読むことは「映画ファン」としては当たり前で必須の行為だと、なんとなく思い込んでいた。しかし20代に至り、映画評論家の文章にしばしば違和感(というか、ほんとは反感)を覚えるようになった。そして、「ダンス・ウィズ・ウルブス」のあまりにばかばかしい評論をきっかけに、ひょっとして映画評論なんか、全然読まなくたってまったく支障ないんじゃないか、と思い始める。


(以下の文の大筋は、その頃(91年頃)に考えたことです。当時インターネットは、あるにはあったのでしょうが、まだまだ一般の人が何か書いたりするような段階ではありませんでした。ですので、ここで言う「映画評論」というのは、プロによって活字媒体に発表されていたもののことです。)

そういうわけで、生まれつき理屈っぽい私は考え始めたのでした…いったい、評論とか批評って何だろう。どういう意義があるのだろう。

ブロードウェイの役者や演出家を主人公にした映画やドラマで、こういうシーンがよくありますよね。初日の翌朝、新聞に一斉に劇評が出る。主人公は新聞を全部買って、ドキドキしながら劇評を読み、褒められているので有頂天になる…または、ボロクソにけなされているので、新聞をひっちゃぶって酔いつぶれ、芝居は早々に打ち切りになる。

私はいつも「翌日の朝刊に間に合うなんて、何て書くのが速いんだろう」と思っていたのですが…それはともかく、本来あれこそが「批評」ですよね。作品を創った人々がやきもきと気にする。ダイレクトに作り手に届く。その作品が成功か失敗かを決定する。(その判断が、いつも正しいかどうかはともかく。)

それを考えると、日本において日本語で書かれる外国映画の批評って何なんだろう、と疑問に思えてきたのです。作り手に読まれることはまずない。気にもされていない。その作品が成功か失敗かは、日本公開される時点で既にだいたい決まってる。それは「批評」とか「評論」とか呼べるものではないのではないかと。

まあでも、本来的な意味で「批評」「評論」と呼べるものではなくても、その文章に意義がないなんてことはないかもしれない。他にも意義はあるじゃないの。たとえば…

・その映画を観に行くかどうか迷っている人に判断材料を与える。
・ただ単に、読んでいて楽しい。

しかし…

書いたように、私は15年以上ほとんど映画評論というものを読んでいないので、今はどうだかわからないのですが…少なくとも当時は、「観に行くかどうかの判断材料になる」ような評論はほとんどなかったのです。まず、褒めているのかけなしているのかよくわからんのが多いし、「どういう物を求める人にお勧め」という視点もなく、そもそもそれ以前の問題として、変なとこでネタバレしているものが多いので、観る前にはうっかり読めない。

そして、読んで楽しいかどうかですが…楽しいものがないわけじゃないけど、映画評論家という肩書きでない人が書いたものが多いのですよ。イラストレーターとか、作家とか。

とにかく、私は結論に達したのです…映画評論、読む必要なし。

それ以来、私は映画雑誌は、その頃には批評ってモノを一切載せなくなっていた「ロードショー」しか買わなくなりました。一番写真がキレイだったから(笑)。

つづく(かもしれない)。


2007/9/12  21:41

映画評論というフシギなもの【えらそう注意報】  映画・俳優一般

昨日、アメリカの評論家の言うことはあまり気にならないと書きましたが、それでは日本の評論家はどうかというと…実は、ここ15年ぐらい、全然読んでいないのでした。私も高校生ぐらいまでは映画雑誌を買って読んでいて、その頃は私も若くて素直だったので(?)「評論家」の言うことは、なんとなくありがたがって読んでいたような気がします。

就職してから、一時忙しくてあまり映画を観ていなかった時期があったのですが、90年ぐらいに「ダイ・ハード」を観たのがきっかけでまた復活して、せっせと通うようになり、また昔の習慣で映画雑誌を買ったりしました。

その頃の私は、映画が好きならば「映画評論家」の「評論」も読むのは、なんとなく当たり前のように感じていたのですが…そのうちに、なんかモノスゴイ違和感をおぼえるようになったのですよね。

きっかけは「ダンス・ウィズ・ウルブス」だったかなあ。私はこの映画、大好きだったのですが、ある雑誌である評論家が酷評していたのです。まあ、好きな映画を誰かがけなしていても、それは好みの違いだから別にいいのですが。その人が、たとえば「この映画のこういうところが嫌い」とか「ここがつまらない」とか言っているのなら。

でも、この評論家の論法は、「白人であるケビン・コスナーがネイティブ・アメリカンのことを描くのは偽善的」とか、「虐殺が描かれていないのは甘い」とか…そういうものだったのです。

で、思ったのですよ、このひとは全然「映画」を見てない。見てるのは自分の政治的考えと、監督がどこの国の人か、どの人種か、男か女かといった周辺事実だけだ。

そう思い始めると、他にもそういう評論家の文章はいっぱいあって、なーんだ、評論家ってこんなものか、と…

続きます。(多分)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ