Dear Friend,Gentle Heart
2005/7/11  テニス  スポーツ

昨日は、しょっぱなにH子が軽い捻挫をした。

練習を始めて6時間以上経っていた。
二人抜けて、残っているのは3人だ。
暑さと疲労で頭はぼーっとしているが、
執念にも似た塊に突き動かされてボールを追い、打つ。

H子のボールは、右へ左へ仕掛けるような
ボールばかりで、もう足がついていかない。
「まっすぐ返せよ!」と口には出さないが、眉間にしわがよる。

突然、T子が帰る気配を見せた。
結局、終了時間の5時を待たずに、いっしょに引き上げる
ことになった。
気に入らない。

だいたい、君らは、
隙あらばおしゃべりばかりしようとしている。
練習に来たんだから練習しようじゃないかと、ずっと喉まで
出掛かっていた。

家に帰って、T子とメール。
H子は捻挫した自分の足とT子の身体が心配と、ボールを
右へ左へ振り分けて、私を疲労させようとしていたのだ。


なんのためのテニスだっけ?
テニスはひとりじゃできないんだ。

なんのためのテニスだっけ?
わからなくなっている。





AutoPage最新お知らせ