Dear Friend,Gentle Heart
2006/6/13  ジーコ日本逆転負け  テニス

夕べは、ごろ寝も対オーストラリア戦を観戦。

「日本、1点入ったよ!」
Fちゃんのメールでチャンネルを合わせた。

残念だったじゃすまないなー、こりゃあ。
スタンドで呆然と座ったまま、
立ち去ることも出来ないサポーターの人々が
画面に映し出される。
なにが悲しいって、
逆転負けくらい悲しいものはない。

しかし、この凹みから奮起して、
次の戦いに備えねばならぬ。
がんばれ、ジーコ日本!!
がんばれ、サポーターのみなさん!!


さて、テニス、
ヒンギスを打ち負かしてエナンとぶつかった
クライシュテルス、負けました。
すごかった〜、も〜のすごい打ち合い!
結局、決勝でも新鋭クズネツォワを圧倒して、
エナン・アルデンヌが全仏2連覇、3回目の優勝!

どうして小さいのに強いんだ!?
と、みな騒いでいるが、
手足が短いから、動きが早いのだ。
労力も少なく効率的に動ける。
だから、疲労も少ない。

エナンを見ていて、思ったが、
打ち終わってから、ニュートラルに戻る時間が、
ものすごくはやいのだ。

小さなアスリートは、たくさんいます。
やわらちゃん、卓球愛ちゃん、ゴルフの藍ちゃん、
テニスの王子様はもとより、
なぜかマンガのアスリートはほとんどチビすけだ。

そしてわがヒンギスも、身長169センチと
決して大きいほうではない。

う〜ん、そのヒンギスだが、前哨戦どころか、
ウィンブルドンのリストにも名前がない!

どうしたの、ヒンギス?
ケガをした?

どなたか、詳細情報を!!





AutoPage最新お知らせ