Dear Friend,Gentle Heart
2006/7/8  ウィンブルドンの芝  テニス

グランドスラム、行きたいですよ〜おうおうおう!

その雰囲気を100分の1でも!
というわけで、行って参りましたは、
「ウィンブルドン・フェア」
場所は、丸の内オアゾ、だそうでございます。

まあ、期待にたがわず?
どうということもなかったわけですが、(笑)
広い1階のスペースの一角に、
歴代優勝者のパネルやら、トロフィーの写真が
飾ってありまして、人影もまばら。
コレを目当てにきたのはわしらだけかいな?

でもでも、このマッケンローの写真、
伝説の「ゆるゆるガット」が、
めちゃくちゃゆるんでる様子が、はっきりわかるよ!
お、おいっ、ごろ寝はエバートと同い年じゃないか!
あり〜、ナブラチロワ様は年下だよ・・・

ん?、あっちの丸いケバケバしたものはなんだい?
これが、あ〜た、最大の獲物でした!

なんと「ウィンブルドンの芝」ですっ!

直径22センチ?ほどの円形の中に植えられた芝。
ふたつありまして、左が良く生えてる芝。
右は、少しはげかかってる芝。
にくいですね、このはげかかってる芝を
わざわざ並べてくれるところ。
ファンの気持ちをよくわかってくれてます。

触ってみますと、ひんやり、ひ〜んやりしてる。
やわらかくて気持ちがいいですよ。
ああ〜、これが、ウィンブルドンの芝だ・・・。感激。
でも、実際は、暑さがこもって熱を持ってるはず。
30度なんていう日もあるんだからね。
それに会場の熱気と、選手のファイトも、
その熱に輪をかけるのでありましょうしなあ。

ふと横に目をやりますと、大きなハイビジョンが
置いてありまして、テラス風のテーブルセットが
いくつか並べてあります。
おおっ、ウィンブルドンのカフェだっ!(幻・・・笑)
画面は「王者フェデラー対人気者バグダディス」
アイスクリームとティをいそいそと買い込んで、
ゆったり小1時間程、テレビ観戦を楽しんできました。

ん〜、どってことなかったけど、
結構、よかったのでありましたあ〜。あはあは!

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ