Dear Friend,Gentle Heart
2006/8/23  病院考  

昔は、待ち時間ウン時間の診察5分なんてね、
言われたモンで、
総合病院に行きますと、長〜く待たされて、
診察はろくに話も聞いてもらえない、ってのが
普通でした。

最近はずいぶん良くなりまして、
先生方が患者さんの話をよ〜っく聞いてくれる、
そういう病院も増えました。

ごろ寝の行く病院もそういう大変良い病院のひとつ。
本当にありがたい、いい先生です。

しかし、昨日は、予約の時間から診察終わるまで、
4時間もかかった。

特にごろ寝の前に診察室に入ったご老人ふたり。
出てくるまでに、40分もかかりました。

治療でも、手術の相談でもありません。
障害を持つ方とその兄弟らしい。
治らないと言われても信じないで、
早く手術をしてくれとごねているんです。
なんども来院して、同じ説明をされている様子。

「その病気に現在のところ、治療法はありません。
 だから、障害者手帳もらっていますよね?」

しかし、「前に治ると言われた」と言い張る患者さん。
話は、堂々巡りです。
さすがの先生の声もだんだん怒りに満ちてきました。

やっと、診察室から出てきたふたりと入れ替わりに、
入室したごろ寝とTちゃん。
まあ、先生、おぐしがザンバラ、疲労困憊のご様子に
思わず、

「お疲れまでございました!先生、大変ですねえ!」

4時間。

これは、患者の高齢化によるものではないか?
こりゃ今後、待ち時間は増える一方なのかい?

いつになく、きびきびと簡潔明瞭に質問をし、
診察は15分ですませた、ごろ寝でした。
しかし、年取ったらどうなるか・・・・
わかりませんわねえ・・・・・


2006/8/22  ロジャースカップ  テニス

強豪が次々にリタイヤして、こりゃヒンギス有利、
その予感が的中、決勝進出。

しかし、若き挑戦者イバノビッチに敗退。
6−2、6−3

ちょっとね、決勝前のインタビューも
ヒンギスにしては?控えめかつ慎重な発言だった。

強敵だと覚悟していたようですね。
しかし、強敵と戦わずして、強くはなれぬのですっ

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、キム、エナン、モレスモ、ずっと出てこない
ダベンポート・・・
ケガが多いね。

無事にテニスコート跳ね回ってるだけで、
私はうれしいよ、ヒンギス。


2006/8/21  昭和の歩み展  お気に入り

私は、美空ひばりの大ファンである。ズズーン

どのくらい大ファンかと言うと、
物心付いたときには、机の上によじ上り、
箒を握り締めてマイクよろしく「花笠道中」を
歌っていたくらいの大ファンだ。

それがどーしたって?

この曲は、
ごろ寝の生まれる2年前に発表された曲なのだ。
父親の腹の中で覚えたのだな。(は?・・・・)

ごろ寝もある意味、天才といって過言ではない。

かつて、テレビで指揮者の岩城宏之が、
「音楽史上天才と呼べるのは、モーツアルトと
美空ひばりだけ」と、看破していたが、
それを聞いて、ハッシと膝を叩いてつぶやきましたな。

岩城君、それがわかるとは、ある意味君も、天才です。

今、開催中の「美空ひばりと昭和の歩み展」
両国江戸東京博物館に参りまして、見てきました。
楽しかったですぞ〜

クリックすると元のサイズで表示します

ひばりちゃん、持ち歌千何百曲でございますがね、
あまり、知られていない歌に、
モダンかつ上品かつオシャレな歌があるんですよ。

「日和下駄」「銀ブラ娘」「涙の紅バラ」「言わぬが花」
もうね、エトセトラエトセトラエトセトラエトセトラ

耳ある人よ、子供よ、ぜひ聞いてくだされ。
このごろ寝の代わりに、聞いてくだされや
先生方、学校の音楽の授業で聞かせられんもんか。

クリックすると元のサイズで表示します

もう言うまでもない、すっかり有名ですが、
あちらの歌も絶品でございますよ。
語学もね天才、
日本の歌手で英語の発音のいいのは誰?と
聞かれたセイン・カミユが、遠慮がちに答えました。

「ひとりだけいます。ひばりさん」

セイン君よ、君もある意味、天才である。

映画のオススメは、
「伊豆の踊り子」「たけくらべ」「ひばりの森の石松」
「ひばりとチエミの弥次喜多道中」

伊豆の踊り子はいろんな女優がやりましたが、
ひばりが1番です。

この江戸博の展示は、ひばりの写真や後援会の会報、
雑誌「平凡」の掲載記事やらの展示に加え、
「昭和の歩み」っておまけがついてますので、
そのころのテレビや洗濯機、冷蔵庫なんかが置いてある。

ひばりの金鳥蚊取り線香のCM映像も見られて、
ファンは、とても楽しめますぞ。
お時間がありましたら、おでかけください。
CDも販売してますから、
ぜひぜひお買い求めくださいまし。

ひばりプロ様、ちょっと写真お借りしました。
無断掲載、しかし、ご覧のとおりの弱小ブログです。
平にご容赦くださいませ。




AutoPage最新お知らせ