Dear Friend,Gentle Heart
2006/9/30  蓼科の秋を食べよう  お気に入り

週末を利用して、またまたお気に入りの蓼科へ。
「野菜ハンターズ、出動!」いたしました。

今回のレンタカーは、日産のCUBEです。
茅野駅から、まっすぐに「A-COOP」を目指す。
もうドライバーも道を熟知してますんで、すばやい。

ところがねえ、
地元農家の夏野菜がない!
当たり前か。
煮たり、ゆでたりしなくちゃ食べられないもの多し。

それでも、セロリ、水ナス、キューリ、ミニトマト、
ラディッシュ、生ハム、などを買い込む。

そして、「浅漬けの素(レギュラー)」

白樺湖畔で、ピクニックな昼食。(写真下)

クリックすると元のサイズで表示します

天気も上々、即席の漬物がうまいっ!

しかし、セロリは多すぎたな、
ばりばりかじってると、馬になった気分・・・

余った野菜は、みんな漬物にしてしまおう。

昼食後は、車山にリフトで登頂。
なかなかの絶景なり。(写真下)

クリックすると元のサイズで表示します

ところどころに、真っ赤に染まったモミジ。
「きれいだねえ」と言いつつ、野菜ハンターは
不満を隠せず。
だって、蓼科の秋は、野菜より、

  きのこ だったんだあ!o(>□<;)o

そこいらのショッピングセンターでさ〜、
鍋とコンロを買い込んで、明日の昼は、
きのこ鍋パーティ、ってのはどうだろうか。
いいっ!それ、行こっ!
ふたりの夢は、どこまでも広がるのであった。

さて、夜は、恒例?「星空ツアー」
山上は、12度と聞いて、冬支度で乗り込む。
本日二度目の車山登頂。

前回と同じ若者が、まずはパソコンを駆使して、
秋の空の星々の物語りや場所の探し方を教えてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真の左の端にとってもイケメンの若者が、
立っているのだが、真っ暗で見えないですね。

空は、雲が出ており、あまり星は見えなかった。
しかし、時折、雲が切れると、
説明で出てきたとおりの、ペガサスの四角形、
カシオペア、アンドロメダが姿を現し、
宇宙の神秘へと我らを誘うのでありました。


2006/9/29  今日も2連敗だよ(笑)  テニス

今日は、S々木コーチのクラスへ振替。
金曜のこのクラスははじめてだけど、
S々木コーチ、相変わらずキビキビしてるのよね、
いいわ〜、思わずハリキルっつーの。

このクラスは、おまえら3つ子かよ、っていうほど、
そっくりなメガネの中学生の男の子たちをはじめ、
男子が五人。

そのうちのいちばんどんくさそうな?のとペア。
なんでかなあ、最近くじ運が・・・

この男の子がねえ、
ぼそぼそぼそぼそ、くらあ!はっきりせんかいっ!

何言ってるんだから、わかりゃしない。
何度も聞き返して、どうやら
「サーブにしますか?コートにしますか?」
と聞いているようだと、判断。
おい、いつのまにフィッチしたんだよ???
まあ、いいや。
「さっき、私がサーブで負けちゃたから、今度、君、
 サーブでがんばって!」と元気に励ましてみる。
(ピントずれてないといいな〜と心配しつつ)
「負けたっていいんだからさ!」ポンと肩など叩く。
それでもこいつ、まだ、ぼそぼそいいながら、
なんとな〜く向こうへ行ってしまった。
う〜ん、もしかして、
サーブが下手だからやりたくないと言ったのか?

そばにいたふたりに質問。(もちろんみんな初対面)

「私ね、ほとんど耳が聞こえないんです(にっこり!)
 すいませんけど、今の状態を教えてくれる?
 フィッチして、彼が当てたのよね?
 で、私が彼にサーブしなさいと言いました。
 だから、彼がサーブで、え〜あなたのチームがリターン?
 どう?合ってますか?」

ひとりは若い可愛い女性、
もうひとりはずんぐりとした中年女性。
いきなりのごろ寝のセリフに呆気にとられていたが、
若い女性の方が、
そうですそうですOK、とかろうじて答えてくれた。
(中年女性は、いつのまにか離れた・・・)

ねえちょっと!今日のごろ寝は、元気で明るいぞ。

女性相手に思いっきりサーブを打ち込んでいた男の子に、
「こら〜、相手は女性だよ〜、もっとやさしくせんか!」
そうよそうよ、と同調の声、試合も盛り上がる。
頭をかいて、へらへら笑う男の子。

今日も2連敗だけど、むちゃ楽しいぞ!
(2連敗はまずいだろ・・・・

試合が終わり、
みんなで整理体操しながら、コーチのアドバイスを聞く。
(といっても、いつも聞こえないけど)
となりにさっきの若い彼女が来て、なにやら身振り。
ん?ああ!胸の名札?
ありがとう、いつもはずすの忘れちゃうんだよね!
あはあは!

今日は楽しかったなあ。
やっぱさ、暗い雰囲気も自分次第だよね!
さ〜て、ビールでも飲んで帰るか。
エレベーターを待つ。

とんとん、と肩を叩かれて振り返ると、
お〜!さっきの娘さん。
「お疲れ様でした〜(にっこにこ!)」
あ、お疲れさま〜、さっきはありがとうね!

ミニのチェックのプリーツスカートに、ニットベスト。
高校生なのか!

こんなかわいい素直ないい娘もいるんです。
阿部さん、美しい日本とは、まさにこの子のことですよね。

もうねえ、ごろちゃんねえ、今日は幸せ100%よ。
(2連敗はまずいって・・・・


2006/9/28  タヌキの送別会  事件あれこれ

「タヌキさんの退職には、なにかしら僕が、
 関係しているのではないかと思うんだよ・・・。」

酔ったチーターが、送別会の席上で切なくつぶやいた。

すかさず、狼が、
「チーター、当たってます!」カウンター食らわす。

ぎゃふんっ!とチーターがテーブルに突っ伏す。

また、チーターいじめをしてしまったな。

しかしね、
ライオンだって、トラだって、ペガサスだって、
かなり関係あるんだ。
もしかしたら、チーター凹ました狼も。

関係あるけど、しかたない、
もういいやと匙を投げた格好か。

タヌキさんは、そのままで、ありのままで、
いいところが山ほどあるのに、なぜか、
人と自分を比べて、落ち込んでしまうんだよね。
豪快な性格に化けようとするのも、ほどほどに。
豪快な性格じゃなくったって、いいじゃないか。

本来の性格が、どんどん固く縮み上がって、
すっかり目を閉じ、耳をふさいでしまったようだ。
悲しみでとんがった心には、ただただ不満のマグマが、
噴火口を求めて、激しく渦を巻いているのだろうか。

狼は、あなたが好きだったよ。
あなたは、楽しいタヌキさんだった。
あなたは、あなたのやるべき仕事をちゃんとやっていた。
あなたは、このジャングルに必要な人だったのに。

さようなら、タヌキさん。
どうかお元気で、どうかお幸せに。





AutoPage最新お知らせ