Dear Friend,Gentle Heart
2006/10/17  サーブを得よ!  テニス

スクールの振替消化のため、O橋コーチのクラスへ。

見知った顔の女性が、声をかけてくれる。
以前、Tちゃんと同じクラスだったI田さんだ。
コーチの説明が良く聞こえず、うろうろするごろ寝を、
なにかとフォローしてくれる。
美人だ。

O橋コーチ。
くしゃくしゃ笑顔で、おカマみたいな歩き方をする
個性的な人。年齢は、50過ぎぐらいだろうか。
ウォーミングアップをかねたストローク、ボレーの
練習もリズミカルで、気合が入る。
人数も少ないので、ぼんやり考えているヒマがない。
始まってすぐ、顔中ダラダラ汗だらけなごろ寝。
気持ちいい。

A田コーチのクラスから、ここへ変更、と決めた。

サーブの練習。
「テニスはサーブだ!」(「青が散る」より)
サーブに苦しむごろ寝だが、
問題は、ひとつだけのような気がしていた。

「頭の後ろからラケットを振り出すこと」

以前女性コーチに、
手取り足とりでアドバイスされたことである。
もちろん、トスを正確に上げることが必須だが、
これができれば、トスに意識を集中できるはずだ。

頭の後ろからラケットを振り出すには、
腕は耳のすぐ近くを通らねばならない。
まずそのことをしっかり、あたまに叩き込み、
慎重にトスを上げた。

パンッ!
ボールは、サービスラインぎりぎりにセンターへ。
いい感じだ。

腕のリラックスはある程度身についているし、
左手のボール指しと、インパクトでの引き込みも
まあまあ(練習し初めはいつも忘れてるが)だ。
この調子で毎日300回ほど繰り返す時間と、
根性さえあれば、インカレは無理(年齢的にも)でも
区の試合ぐらいには出られるはずだ。
(いつでも出るだけなら、出られるのだが)
10球ほど打って、感触を得た。

今日は、不思議に気合が途切れない。
自信が身のうちに充満してる。
「目がつりあがっている」気がする。

よし!「10の力のサーブ」を打つぞ。

トスは前方、いいトスだ!
思い切りジャンプして

パンッ!

と同時に、ごろ寝の右の


「足が攣る」


2006/10/16  青が散る  テニス

そうだ、テニス部の話だった!

河内房如空さんのブログ
電脳網庭球寺 僧房
http://blog.livedoor.jp/jokuu/
で、「青が散る」のテニスシーンを読んでから、
ずいぶん時がたってしまった。

いつかまた読みたいなあ、と思っていたが、
なにか壊れやすいもろい大切なもののような、
取り出して見るのが怖いような、
もったいない様な気がして、
なかなか手に取れなかった。
かつて、テレビドラマでハマッタ物語。

原作・宮本輝「青が散る」文藝春秋社

放映 1983年10月21日〜1984年1月27日
全13回完結

キャスト
椎名りょう平  石黒 賢
佐野夏子    二谷友里恵
金子慎一    佐藤浩市
星野祐子    川上麻衣子
安斉克巳    清水善三
新井ゆかり   広田玲央名
藤井久美    辻 靖美
貝谷朝海    遠藤憲一
堰 健一    大塚ガリバー
端山      村田雄浩
(ファン倶楽部から抜粋)

主人公のりょう平は、
へんに度胸のいいところもあるが、単純な青年だ。
美貌の同級生夏子を思い続け、あこがれ続けても、
ちっとも距離が近づかない。
まったく、ばかげてる。
振り回されるだけ。

りょう平は、自分と重なる。
お前もばかだあ、りょう平。
だけど、
そのりょう平も、まわりの友人をみて、そう思う。
馬鹿すぎて馬鹿すぎて、悲しすぎて腹を立てる。

デビューしたての石黒賢が、下手くそで、
なのにすばらしく魅力的で、実に良かった。
同じくこのドラマでデビューした、
美しい令嬢二谷友里恵を見るのも楽しみだった。
夏子は自分とぜんぜん重ならない・・・たはは!

今でも、思い出すと胸キュン(死語か)なのに、
りょう平が、夏子の母親に頼まれて、
夏子と田岡の駆け落ち先に迎えに行き、
夏子の言葉にたたきのめされるシーン以外、
ほとんど記憶にないのだった。

原作をきちんと読んでみたら、
ますますテニスを極めたくなった。

「俺はサーブを何万回も練習したのだ。」

ごろ寝、4年目だけど1千回行ったかなあ・・・


2006/10/15  写真でワープ  思い出写真館

母校見学。
まあね、新しいところは、すばらしい、立派!
でも、やはり、思い出を探しますわね。
当時そのままの場所、
たくさん残っておりました。

空間ワープ入口付近↓

クリックすると元のサイズで表示します

空間ワープ出口付近↓

クリックすると元のサイズで表示します

化石使用現場↓(人物はホンモノです)

クリックすると元のサイズで表示します

ごろ寝活躍の場はここか、お外↓

クリックすると元のサイズで表示します

床だけ新しい。踏み抜いたか。しっかし、トホホな舞台
よ〜っくこんなところで芝居をやっていたもんだ・・・↓

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、記憶に比べて、教室も講堂も廊下も、
なにもかもが、せっま〜い!

こんなにせまかったの!?

ごろ寝が、自由闊達に飛び回っていた場所なのに。
こんなせまいところだった?!
まあ、迷子は、空間のゆがみの所為とはいえ・・・・

う〜む・・・そういうわけか・・・・・・
どうりでさっき、みんな口々に、

「この学校には自由がなかった」と言っていた。

これじゃさ〜、窮屈だよね。
RょーこやAキカなんか、背が高いしさ〜

してみると、こびと だったのか、ごろ寝は!!?

せつなく、くるほしく、あほらしかったあの頃・・・
戻りたくても、戻れない、こびとだった、あの時代・・・

      





AutoPage最新お知らせ