Dear Friend,Gentle Heart
2006/11/28  バレー観戦  テニス

男子バレーボールをテレビで観る。

日本対セルビア・モンテネグロ

五輪金メダル、無敵チームのセルビアを相手に、
日本ストレート負け。

しかし、その攻防やすさまじい。
すばらしい試合だった。

「人がいいだけじゃ勝てない!」と、
監督から罵声を浴びている選手がいる。
気弱に、フェイントで凌ごうとするアタッカーに
怒声が飛ぶ。
「決めてやる、という気魄がないぞ!」

自分に言われているようだ。

きっと、死ぬほど練習してるんだろうな。

ボールを出して、
私も、トスの練習を始めた。


2006/11/27  出勤しました  

担当のY田先生は、診断書に
「2週間の療養を要す見込み」と書いてくれた。
が、本日遅い時間に出勤。
挨拶だけというわけにも行かず、
結局、仕事しちゃって、帰宅は4時過ぎ。

疲れた〜
ぴったりした下着シャツで、傷口擦れて痛い。
毎度おなじみ、頭痛もお出まし〜。
頭痛薬は、たっぷり処方してもらってるが、
そのほかはなんにも出ていない。

まったく、すごいもんだ、現代医学。
乳房切除5日目には、
以前と変わらず、机の前で仕事やってるのよ!

風呂もね、昨日から、首まで浸かってます。
テニスだって、どんどんやれって。

痛いのさえ我慢できれば、なんでもできると。

先生いわく、

 「 内縫い だから、絶対に破れない。」

ごろ弟、

 「 袋縫い にしてもらえばもっと丈夫だったね。」

それよかさ、とごろ寝、

 「 乳首型ボタンつけて、小物入れはどうよ?!」


というわけで、
早期なら、乳がんといえど、恐るるに足らず。
年に1度の検診を欠かさないようにしましょう!


2006/11/26  帰宅しました  お気に入り

入院中、大哲学者にして大エッセイスト、
そして大ジャズピアニスト、
いまや飛ぶ鳥を落とす土屋賢二教授より、
写真のような激励の五線譜が届いた。

自画像まで描いてくださっておる。

自腹を切って、
氏の著書(文庫)を購入している、
誰憚ることのない立派な読者であるごろ寝、
もらって当然ではあるが、
非常にうれし〜!o(≧∇≦o)

(真実は、コンサートを聞きに行ったタメちゃんが、
教授のバンドのドラムスがご亭主の友人という繋がりをたぐり、
群がるファンを押し退け押し分け、
教授にぐっと詰め寄るや、
「私の従姉妹は、前々から教授のエッセイの大ファンですが、
ついこないだ、ネットでご尊顔を拝したてまつり、
あまりの美形に感激したと言ってました」などと、
ありもしない美辞麗句を並べ立て、
あげくに、
「それがいまや病床で、明日をもしれぬ命」、
などと泣きの涙の大芝居、
まさに怒涛の押し出し勝ちで、
勝ち取った成果なのでした。)

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ