Dear Friend,Gentle Heart
2006/12/19  座頭市  テレビ/映画

今日は、寒かったですね。
事務所で震えていました。
いくらなんでも、2枚しか着ていないんじゃね。

いよいよ締め切り迫る!って、
年賀状だよ・・・・・

いのししって、描いてみると、
どうしてもブタかゾウになっちゃうじゃんさ。
帰りに本屋に寄って、参考資料をあさる。

と、手にしたのは、
島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん」
面白くて、立ち読みで半分がとこ読んでから、
「BOOKOFF」に買いに行きました。
続編もあって、2冊で600円。
ここで買って、
またここに持ってきてもいいんだって!

夜はまた、DVD鑑賞。
たけしの「座頭市」☆☆☆☆4つでっす

あいかわらず、容赦のない殺戮シーン。
ばったばったと切り倒す、んじゃなくて、
ザッパザッパ、スッスと切り刻む。
人間てのは、たとえ皮1枚でも、
それこそ指にとげが刺さっただけって、
めちゃくちゃ痛いんだよ、このやろうっ!と、
言いたげな大立ち回りのシーン。
はい、よっくわかりました。
恐ろしいよ。
実は一番恐ろしい「くちなわ」は、市つぁんだった。

見た人なら、わかりますよね?

遊び人新吉(ガダルカナルタカ)のオバサン役、
大楠道代。
この人が勝新太郎の「座頭市」で、
デビューしたときは鮮烈でした。
たけしもそれを覚えていたのかな。





AutoPage最新お知らせ