Dear Friend,Gentle Heart
2008/3/16  ドリーム・マッチ  テニス

現役引退をしたプレーヤーを試合させて、
一体何が面白いんだ?

と、お思いの方もいらっしゃるでありましょう。

面白いんです〜( ̄ω ̄)〜

待ちに待ったドリーム・マッチ。
2008/03/15でございます(笑)

昨日今日テニスを始めた、
ほんにテニス暦の浅いごろ寝でございます。
ナブラチロワもグラフも伊達も、
実物・本モノを見るのも初めてなら、
その試合を見るのも、ほとんど初めてなんです。

伊達公子、37歳。
最高ランキング4位!でええ〜っ
ウィンブルドン準優勝!ひゃあっ
うう〜今さらですが、すげえですね。
名実ともに日本人最高峰!
それにす〜ばらしく上品なごろ寝好みの超美形!

グラフ、38歳。
四の五の言いまへん、
テニス界世界最高のプレーヤーです!
例のヒンギスとの因縁の試合の相手じゃんさ!
にっくきグラフ(笑)
あの試合の録画の一部を何度か見ましたが、
どーなんでしょう?
グラフ、ね、ね、ほんとはどっちだったの?
なんてね〜(笑)しつこいぞお!なは!
現役時代は、なんかこー、とっつきにくくて(笑)、
厳しいというより、人を寄せ付けない、
殻に閉じこもった感じを受けましたね。

ナブラチロワ、51歳。
もう、生きたテニス史、こちらも絶対世界一です〜
ごろ寝より、2歳年下。
2歳しか違わないのにすごくじょーず!(笑)
ナブラチロワに出来て、
ごろ寝に出来ないわけがないっ!
わけがないだろっ(^^)ぐわは

伊達は、6ヶ月間トレーニングして本気モード、
グラフは育児と仕事に忙しく、最近はエキジビのみ、
とはいえ海外はエキジビがちょこちょこあるらしいし、
なんせ普段から練習?相手はアガシだすやろ、
ナブラチロワは、2006年までダブルス現役だし、
(それも最終戦は全米の混合ダブルス優勝!)、
これっていったい誰が1番強いんだろ?
ま、
こん中で1位を決めてもあまり意味はないか(笑)

さて定刻どおり、まずは顔見せから始まった。
場内大コーフンでーす!
あこがれの名選手を前にお客さん方も緊張してか、
なんかみなさん、お行儀がいいんですの(笑)

わあ、歩いてくるよ、しゃべってる、笑ってる〜
3人とも満面の笑みを見せてくれて、嬉しいね!

さて、第1試合は、伊達対ナブラチロワ。
8ゲームマッチ。
いきなり伊達がブレークして、5ゲームを先取。
おい〜(汗汗)ここのままストレート負けか?!
と思わせたナブラチロワが、そこから食い下がり、
ぐぐぐうっと観客を魅了いたします(笑)
さては、これはナブラチロワの作戦だったか?!
伊達をおだてて?地元観客を喜ばせ、
自分が窮地に陥ってから底力を見せる。。。つー
にくいの、にくいの〜(笑)

伊達は、すっかりスリムになり、
現役の頃を思わせるフットワークですよ。
ナブラチロワのバックハンドスライスは、
ちょっとフェデラーに似てるな、
シュルルルルル・・・・スピードはあくまで緩い。
対する伊達は、やっぱりバックはスライス主流。
スライス多用は、年齢のせいすかね??
伊達の真骨頂ライジングは、健在でした。
特にバックハンドがいいねえ!
どして、あんなことができんの?(笑)
結果は、8-6でDATEの勝利でした。

さて、お次は、グラフと子供たちの交流。

って、実は、ナブラチロワの休憩時間?(笑)
ここでごろ寝、喉の渇きを癒そうと、売店へ走る!
が、!!!
なんだなんだ、この列は?!
200人は並んでる。
今日は最上階まで満席なのだ、
売り子が2名じゃ足りないだろ〜!
結局、買えずに席に戻る。とほほ

第2試合は、グラフ対ナブラチロワの8ゲームマッチ。
これがなんとなんとタイブレークまで見せてくれた。
プロだねえ〜
第1試合の伊達ももち、そうだったんですけど、
プレー中もナブラチロワとグラフは和気藹々。
冗談を言い合ったり、笑い合ったり。
長〜いラリーを決めた後、
ラケットを杖にしてヨタヨタするグラフ(笑)、
向かい側ではナブラチロワが、
ラケットをイスにして座ってぜいぜいしてる(笑)。
かと思うと、すばらしいサーブ&ボレーを決めて、
ガッツポーズのナブラチロワ「○%×□!!」
リターンミス多発のナブ、審判に抗議の1場面も。
「今のが、フォールト?!あれが?出てた?」
ま、実際は、「○#×!?□%?」ですが(笑)、
でもって、ちょこっとだけ?のジェスチャー。
ナブちゃん、ゆうに15センチは出てたよ〜(笑)

グラフも、バックハンドはほとんどスライスでした。
ちょっと前まで、バックはスライスで返すのが普通
だったわけだけど、ちょっと多すぎるんじゃない?
スライス取るのって、疲れるよね(笑)
いつもTちゃんのスライスに悩まされてるわし。。。
グラフのスライスは、鋭い滑るようなスライス。

ナブラチロワのサーブ&ボレー、早くて、
よく見えなかったなあ。
ついついボールを追ってしまうでしょう?
もっとちゃんと見てなくちゃだめだあ〜(泣)
もうね、あら?いつのまにネットに出たの?って感じ。

知らない間に(笑)いつのまにかネットについていて、
グラフのものすごいリターンを腹のあたりで受けて、
拳銃で撃たれたみたいに腰を折って飛び上がるから、
「きゃあ!ナブちゃん、そんなとこでないしてんのよ?
大丈夫?!」と思ったら(ふつー思わないか笑)、
ボールがぽおーんとオープンコートに。

びっくらこよ〜す〜ばらしいよ〜神業よ〜(泣)

かと思うと、狙い通りのコースにリターンが来て、
基本どおりのフォームでネット際にドロップショット!
跳ねたボールがネットのほうに飛んでるでえ〜・・・・

はあ・・・百聞は一見にしかず。
見たら、自分にも出来るような気がしてきた(笑)

第3試合の前に、ナブラチロワがジュニア3名を
特別コーチング。
うらやましいのう、強くなるんじゃよ、少女たち。
この間、Tちゃんが売店で粘り、コーヒーゲット。

伊達対グラフの試合は、本格3セットマッチです。
これも和気藹々と始まったんだけど、
途中、どこか痛めたのか、グラフが救急隊?を
呼んだので、場内突如緊迫感が襲います。
たいしたケガではなかったようで、一同ほっ!

しかし、その後のグラフ、
顔つきが現役時代に戻ったみたいにくら〜く(笑)
ちょっとマジになったのでしょうか?

このふたりのネットすれすれの鋭いスライスの応酬!
すごかった〜怖かった〜ごろ寝弱虫なの(笑)
ふたりともグッと腰を落として・・・
これ、むっちゃツライよ〜泣
いつも、Tちゃんにやられてるからわかる〜
力入っちゃって、見てるだけで疲れた〜
決ったときの観客のため息が、「はああ〜」って。
拍手もすご〜い!
この試合は、伊達の「本気」が勝ちました。
伊達のストレート勝ち。

このドリームマッチで、
あらためてテニスの楽しさを堪能したごろ寝。
帰宅してから、ゆっくりパンフレットを読んだが、
つくづく3人にケガがなくてよかった〜と思った。
現役のプレーヤーもケガとの戦い、
まして、引退して何年もたって怪我したら、
このさきテニスがプレーできなくなっちゃうもんね。
ちょっと、ぞっとしたごろ寝でした。

ま、いろいろタイヘンなこともあるだろうけど、
エキシビ、もっと日本でもやってほしいよね!
今回は、サバティーニが来られずにナブに変更、
サバティーニ、次回に期待しまっせ〜!
セレスもおいでやす〜
もちろんヒンギスも、待ってるで〜!




AutoPage最新お知らせ