Dear Friend,Gentle Heart
2008/5/24  いつかギラギラ  テレビ/映画

シネマアートンから出てきてしばらくしたら、
たまりかねたか、Tちゃんが叫んだ。

「どうしてそんなへんな歩き方すんのっ」

街灯りの雑踏、下北沢であります。
また、今日も雨だったなあ。

サングラスの変わりに、老眼鏡をかけ、
肩そびやかして歩いても、ただのおばさんよ。
で、予定通りギネス、ギネス(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

入ったお店は客層も、女の子も実に普通で、
料理もなかなかおいしく、いい感じでした。

が、

このギネスが・・・・

酢っかくない?・・・・

これ、なに、ボトル?!
古いためか?ボトルはこの味が普通なのか?。。。。

うちで缶ビールにすればよかったあ〜ん泣

「いつかぎらぎらする日」

こういう映画もあったんです、ショーケンってば。

共演は千葉真一に、またまた石橋蓮司。
この中年トリオ、やり口は、単純ドンパチだが、
絶対につかまらない銀行ギャングなのです。

病弱、借金、妻はブス(ごめん、樹木希林)の石橋、
肉体剛健、ゴージャス、若い女はべらす千葉真、
ときて、
ショーケンは、多岐川裕美と仲むつまじく、
技芸(銀行強盗)に生きる職人気質(かたぎ)よ。

ところが、ワガママぼーや木村一八発案の、
ホテル現金輸送車強奪に乗り出したために、
一気に歯車が狂い始め。。。。。

80年代のジーンズ着こなしには噴き出しましたけど、
木村一八が甘いフェイスに金髪リーゼントで、
とてもいいんです、やんちゃで可愛い。
ほかに、しゃぶ中の殺し屋役原田芳雄、
やくざの親分八名信夫が笑わせてくれます。
知らない顔だけど、ロックバンドのボーカルも
むっちゃかっこええどす〜

で、女優は、多岐川裕美と荻野目慶子です。。。。。。。
深作監督とごろ寝は、
この点で全く趣味が合いませんでつ〜

ショーケンは、木村一八に横取りされた現金を
まるで「超合金」みたいに追いかけ、
やっぱ超合金じゃないからケガだらけ。
見たことないような数のパトカーにあいてに、
やけのヤンパチ?銃撃の中大暴走、
ランクルで、パトカーをバリバリぶっ潰しまくり、
あげくに埠頭から海に落ちて、ブクブク・・・・・

あらっ待って、これって、どこかで見たわ。

「御用!御用!」と捕り方に囲まれた弁天小僧、
あっそうそう、美空ひばりの映画でつ〜(笑)
すいません、脱線!

最後の最後、包帯でぐるぐる巻きになって、
ショーケンは、多岐川裕美とバスに揺られて都落ち。
いいんだな〜、しょぼくれたショーケンは最高!

が、赤青緑に輝く「銀行」の看板に、
再びぎらぎらと蘇る職人魂。
それを見守る多岐川の笑顔は、まさに指圧の心母心。
この作品、ここで初めて笑ったショーケン。
いっぱいいっぱい死んだけど、
後味がからっと晴れちゃったじゃんさ。

銃弾が2,3発貫こうが、ナイフが身体に刺さろうが、
動ける間は、屁でもねえ。
地味にコツコツ?面白いかよ?
いつかどっかで、ぎらぎらにはじけなきゃ!
たった一度の人生でしょうが!
ロックしたれや!

だから歩き方だって、ほら、変わるっつ〜ことよ!
やっぱ、ロッカーが、「ピース!」してちゃ、
まずいんじゃないでしょうか。。。。。。。。

2008/5/23  たまらん〜  つれづれ日記

今朝のラッシュアワーでの出来事。

行列の最後に乗り込んだごろ寝のまん前に、
若いリクルート男がいた。
彼はイスの手すりに寄りかかって居眠りしていたが、
やおら鼻くそをほじって、食べはじめた。

(ぐえええっ!泣)

のけぞりました。
次の駅で出入りする人にまぎれて、
なんとか車両の奥へと逃げ込んだ。
「信じらんねえっ
そのとき、つい、ごろ寝が上げたつぶやき声に、
男は一瞬目を開けたが、すぐ目を閉じた。
寝ぼけてんのか、こいつ?

居場所を変え、しかし気になるその後の動向。
斜め後ろからじっと様子を見ていると、
その彼氏、またぞろ、鼻ほじって口に。。。。

ごろ寝の右前の男性も、その隣で、
男と真正面の若い女性もチラチラ見てます。

あ、鼻の穴に突っ込んだ人差し指に血が!
おええ〜っ、それもなめております!

が、なかなか止まらないようだと判断した男は、
ズボンのポケットからシワシワのハンカチを出し、
止血に懸命になり始めた。

鼻から離したハンカチは鼻血で丸く染まり、
次々と暗褐色の水玉模様となっていった。。。。。

ティッシュやろうかと思ったが、あいにく、
手を伸ばしても届かない場所だった。

こいつにいいたいことは山ほどある。
しかし、なにかひとつと言われたら、

「よく目を開けて、周りを見ろ!」と言いたい。

お前はひとりで生きているんじゃないぞ。
大勢の人に囲まれて、社会生活してるんだぞ。

しかし、やっぱり、
「鼻くそを食べてはいけません!」
から、言ったほうがいいのだろうなあ・・・・・

で、その次に、人前で鼻くそをほじるんじゃない、
で、次に、いつもティッシュを・・・・・

いんや、鼻ほじった瞬間に、
ぺチッと頭を叩いてやるのが、
本当の親切というものだったかもしれない。

力不足であった。


2008/5/21  炉端焼き  職場のつれづれ

「こないだ、断食したんですよ!」

朝、出勤するなり、意気盛んなDキチくんだ。
休日に、野菜ジュースと少量の甘いものだけで、
丸一日過ごしたという。

「これだけで、お腹がスッキリ!」

ほほう!
そういえば、ブート・キャンプはどうしたんだ?
毎日腹筋30回ってのもあったよな。
ごろ寝と違い、ちゃんと努力はしているのだ。
まあ、えらいよな

就業後、みんなして、
安いうまいと評判の、A羽駅近くの炉辺焼きに行く。

「僕も入れてよ、メッシーでいいからさ。」とボス。

炭火焼の匂いがつくし、屋台に毛が生えたような店、
「老舗好き」のボスには向いていないと説得するが、
どうしてもというので、しかたない(笑)

最近のボス、入った店が気に入らないと、
えんえんと店の悪口が酒の肴になるのでたまらん。
だもんで、Oさんのとどめの一言、

「料理がまずいとか、遅いとか、場所が狭いとか、
絶対に文句を言わないでくださいよっ!」

ひええ〜、言うか、そこまで(笑)
で、言われたボスも、

「はいっ!絶対に言いませんっ!」

だははっ

クリックすると元のサイズで表示します

刺身に生ウニ、ハマグリやサザエのつぼ焼き、
イカわた焼き、ツブ貝にホタテにホッケ焼き、
生野菜、磯汁、おにぎり・・・・・
ほんでもって、ビール日本酒。。。
いやいや、食べたましたねえ!
6人で、24000円。
ごちそうさまでした、ボス。
いい子でしたね、今日は。

この店の前は、昔ながらの大きな果物屋さんだ。
「どんどん値切って〜!」の声に誘われ、
2つで600円のあまおうを400円に値切る。
すいかも400円を250円に値切る。
Dキチ、ごろ寝の袖を引き、
「ごろ寝さん、これ、値切って値切って!」
なんだおまえは、自分で値切れよっ
こういうのいい、酔ってるし、楽しかったです。
完全に果物屋の「カモ」にされてた(笑)

帰宅して一息ついていたら、Dキチからメール。

「じっ、事件です!!
 朝より、3.7キロ増えたああああ・・・・」

ええっ!?
大きく産んだねえ!って言われる重さだよ!?
ありえねえ・・・・




AutoPage最新お知らせ