Dear Friend,Gentle Heart
2008/6/15  見参!ボランティア部  手話

今月になってから、またひとつ手話仕事が増えた。
母校のボランティア部の手話講師役なんでつ。
Tちゃんを通訳に頼み、また二人三脚でつ〜

なにしろ、すっかり錆びた頭の同窓生と違い、
柔らかで抜群に冴えている中高生相手なので、
ちょっと緊張してました。

そのうえ、同じ高校の先輩である通訳士からは、
「日本手話と日本語対応手話」「聴覚障害者の特質」
「ろう者の歴史や現状」などについての講義も必要と、
アドバイスされ、ますます負担・不安がふくらんだ。

一応、コッチ関係のプリントなどを作成、
講義中、生徒がメモを取らなくてもよいよう、
講義の要点はB4用紙に纏めておいて、配布。
これって、もろ、大先生谷講師のマネっす(笑)
こうしておけば、自分もアンチョコ代わりに読める(笑)

私としては、小難しい理論はさておき、
生徒たちが普段の生活の中で、
手話を便利に使ってくれたらいいな〜と、
手話って楽しいな〜好きだな〜って思ってくれたら、
ま、そんな程度の気持ちなのですが。
向こうもね〜
そんなに私なんかの講義は、
オールマイティを期待してないと思うんだけど。

そんなこんなで、おたおたしつつも、
先週、ボラ部での活動が始まったのでございます。

見た目で判断できない聴覚障害者です。
しょっぱな、Tちゃんとふたりして、並び、
「どっちが聴覚障害者でショー?!」と
生徒に聞いたら、なぜかTちゃんを指す生徒が多数。

なんでだ?!笑

休憩なしで1時間半。
実技は、自分の名前と簡単な挨拶、指文字に数字。

どうも講義に熱が入ると手話がおろそかになり、
手話に集中すると、声が出なくなるごろ寝、
どっちつかずになってしまったよ、カカカ!

指文字のプリントに「は」の字が抜けていたり、
説明が前後したり、ろう児の話の最中に、
感極まって泣いちゃったり。。。だはは!
なんとかかんとか、終えました。

来年の3月まで全7回という回数の中で、
どんだけできるんだか、私も、わっかりませ〜ん。

この無責任さが、ごろ寝だなあ。
こんなことでいいのか、ごろ寝。
なに、私に頼んだんだから、私なりでいいのだ。
いい先生ならほかにたくさんいるのだから。

本日日曜日は、津田沼の知り合いの家に行き、
帰りはJRで東京横断して、とことこと中野まで、
生徒にプレゼントする手話グッズを買いに行った。
が、「W−ルドパイオニア」は、休みだった!
どっと疲れた。
しかたがないから、ネットで注文。。。。。。。

次回は今週末なんだけど、そのあとは9月だよ〜
この隙間を、どげんしよかい〜




AutoPage最新お知らせ