Dear Friend,Gentle Heart
2008/8/20  田舎暮らしに殺されない法  読書

東京下町に住んでいると、田舎がまぶしい。

季節の移り変わりも美しく、空気もいいし、
安くて美味しい、採りたてで新鮮な野菜や魚など、
羨ましい限りだ。

そこで、
ベランダで、ちょいと家庭菜園のモノマネをしてみると、
これがまた、楽しいのね。
ミニトマトや、バジル、ミントなんかは、
ほっといても、そこそこ元気に育ってるしね。
これなら、小さくても自分の庭があったなら、
自分の食べる野菜くらいは作れそうだな、と思う。

そうだ!
いっそ、いまの家を売っ払って、田舎に住もうかしら?
考えたことはありませんか?

田舎じゃ衣食住にあんまりお金もかからないらしいし、
年金暮らしで、贅沢は出来なくても、
夫婦ふたり、そこそこゆったり暮らせるんじゃあないか・・・

と、夢を広げている定年退職直前の団塊のお父さん!
ちょっと待て!
あんただ、あんた!
あんた、あぶにゃあで!

その前に、コレを読もう!

クリックすると元のサイズで表示します

著者は、丸山健二、安曇野に移住した孤高の作家。
著者は言います。
田舎暮らしの前に、自分が真に自立しているか考えよ!
そして我々は、まず、
「自立とはなにか」から、考えなければなんねえのです。。。。

「余生はのんびり田舎暮らし」の「幻想」を、
我々愚か者がひょいと「実践」に移す前に、この本は、
あらん限りの危険な落とし穴を次々にあげるだけでなく、
その対処法をも伝授してくれます。

特に強盗に対する件には、鬼気迫るものがあり、
身を守る手製の槍の作り方、その使用法から訓練まで、
とりわけ、いざ使用するときには決して躊躇せず、
必ず、敵を仕留めることを肝に銘じなければなりません。

槍を手に、突撃訓練する自分を思い浮かべてみましょう。
戦中となんら変わりありませんぞ。。。。。

さて、

強盗の危険までは、ごろ寝も考えていたのですが、
「冠婚葬祭」、そして「選挙」・・・・・
生き馬の目を抜く、田舎の傍若無人ぶりはどうでしょう。

しかし、
この本の真髄は、最後の最後、最後の2行にあります。
真に自立したものだけが得ることの出来る田舎の醍醐味。
あまたの不条理を受け入れ、乗り越え、あるいはいなして、
その醍醐味を手にした作者だからこそ、
ここまで辛口の提言、いや、箴言ができるのです。

さて、あなたは、それを手にする自信がおありですか?
確固とした目標、極めたい趣味以上のなにかが、
田舎へと、あなたを突き動かすのですか?

ともかく田舎にあこがれたことがあるあなた、
一度、読んでみましょう!

そうすっとやっぱ、「大洋村」かなあ〜


2008/8/19  ハムナプトラ3  テレビ/映画

古き良き時代?の上海・・・・・
あこがれの上海・・・・ジャズ、カジノ・・・・

♪あのとき、あな〜た来てました、J〜UST NIGHT♪
    ♪だっから声か〜けて、あげましょね〜♪
♪WELCOME 上海〜♪WELCOME 上海〜♪

あの自由劇場の名作「上海バンスキング」を思い出す、
本格的な舞台装置が、ちょっとうれしい。。。。

う〜ん・・・・

ま、こういう映画は、ひたすら緻密なCGに身をゆだね、
とことんヴァーチャルに浸ることに集中しかない。
そういう意味では、雪山シーンなど、涼しくて良く、
雲霞の如き無数の兵隊たちのうごめきやらも面白く、
瞬時に人から獣へ、獣から人へ変身するなど、
非常に、すっきり、違和感なく溶け込めるみごとなCG、
たたっ切り、殴り倒し、砕け散るのが土くれだと思えば、
主人公同様に、まさにゲームの軽い乗りで・・・・・・・・・・

だけど、

かんべんしてよ〜、ジェットのミイラ役。
なんで、こんなオファーが来たのだろっ!?
はは〜ん、わあったっ!
舞台を中国に、ジェットで中国1億人に見せよう、
そんで稼ごうってことすね・・・
でもね、やはり甲冑のジェットは、かっこよかった。
威厳も、徳も、人望も備えた「皇帝」に相応しかった。
すかす、ミイラや怪獣でいる時間が長過ぎて、
普通の顔でいる時間が短すぎで!(泣)

なんつ〜か、つじつまも合ってないし、
これじゃ、中国からクレームも来るだろっつーの。

こういうくだらない映画を見ると、同じCGを使っても、
韓国ドラマ『大王四神器』の中身は濃いよな〜

で、翌月曜日に「ハムナプトラ2」をテレビで放映。
こっちも、チェックしたけど、こっちの方がま〜だ面白い。
ストーリーもなくはないし、筋が通っていなくもない(笑)

こうなったら、第1作も見てやろうかい。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/8/17  夏も終わりに  お気に入り

今日の涼しさはともかく、
立秋後は、少しづつ涼しくなってきました。
もう今年の夏も、盛りを過ぎてしまいましたね。
あちらこちらに、
アブラセミが落ちて死んでいるのを見かけます。

ところで、夏休みは、子供の夢とロマンであります。

夏休み初日の朝、目覚めれて、
「あ〜、今日から、夏休みだあ〜」と心から叫ぶ、
湧き上がる喜び。

2日目の朝、目覚めて、
「あ〜、まだ夏休み2日目だ〜」と勘定する幸せ。

しかし、これが、7月末ぐらいから、微妙に変化する。
「あ〜、もう8月になっちゃう・・・」

立秋過ぎることから、ほとんど哀しい。
「あ〜あ、あと20日間しかない・・・・」

そして、残り10日となった日にゃ、
「ぐあああ〜、宿題〜、神様〜」となるのだ。

お宅のお子様がたは、いかがでしょうか?

ごろ寝は社会人になっても、
この感覚が染み付いております。
もう、宿題はないけれど。

いやだ、夏よ、行かないで!
ずっとずっと、そばにいて!

私は、夏のお嬢さん。





AutoPage最新お知らせ