Dear Friend,Gentle Heart
2008/8/6  小布施へ  旅行

Y本のお兄ちゃんに遭遇し、ひと安心、荷物をまとめて、出発。
湯田中駅まで、びゅうほてるの車で送ってもらう。
そこで、ケータイの充電器を忘れてきたことに気づく。
電車の時間までしかたない、郵送してください。
ところが、この運転してくれた若いのが、
あっという間にホテルにとって帰して、
我々が乗り込んだ電車の中に、届けてくれたんです!
あ〜、おにいちゃん、ありがとう!
最後まで人迷惑だね〜

さて、今日は観光です。
やだね、観光。
ごろ寝は、観光が好きでない。
頭も痛いし。

まずは小布施へ。
「栗ようかん」しか知識はないが、小布施なにやら有名だ。
言ってみるべ。

小布施ガイドセンター
http://www.ala-obuse.net/guidecenter/index.html

頭痛のため、いきなり、ここで休憩。
丸茄子が、通路に積んだ箱の中にごろごろ入っている。
丸茄子が特産物なのだ。
丸茄子の「おやき」とコーヒーで、しばし爆睡zzzzzz

丸茄子
http://www.ala-obuse.net/marunasu/index.html

目が覚めたら、体調がすこぶる快調になり、散策開始。

なるほど、道は広々とし町並みもなかなか美しい。
歩道は、角材利用でこれまた美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

秋が旬というこの町は、どこか気が抜けていて、良し!

クリックすると元のサイズで表示します

ガラス工芸、民芸調な洋品店やら、のぞいてみる。
しかし、自然に、ブドウ畑、クリ畑、モモ畑・・・の郊外へと
食いしんぼの足は向かいます。

キウイだってぶどうだって、道路にはみ出して実をつけている。
ここのコンテンツにはないのか、「直営店」は!?
う〜む、お願いして、お百姓さんにわけてもらってもいい。
その一心で歩き回る。
しかし、この炎天下に畑で働くわけもなく、地元の人どころか、
観光客も歩いていない。

クリックすると元のサイズで表示します

喉が渇いたが、自動販売機の飲み物なんか飲みたくない。
あの赤いモモみたいなりんごみたいなの、あれをもらいたい!
たまりかねて、怒鳴った。

「すませえ〜ん!誰かいませんかあ〜?」

バシッ T子に殴られた。。。。。。ぐすん

諦めて、とぼとぼと町のほうに戻る途中に、おおあった、店が!
丸茄子、パプリカ、スイカ・・・・・
そしてあの、赤い、モモみたいな大きな、
ネクタリンみたいなのが!←結局名前思い出せんのかいっ

1個100円、洗ってもらって、イスも出してもらって、
座った途端にかぶりつく。

この世にこれ以上はない!ってくらい、美味しかった・・・
喉が渇いたら、水よりも果物だねえ・・・
水菓子とはよく言ったもんだ・・・

お店の前のすばらしい百日紅。

クリックすると元のサイズで表示します

荷物になるが、丸茄子(デカイの4つ入り)100円、
パプリカ(巨大なの3つ入り)250円、購入。

こちらの感動振りに、お店のお姉さんも、感動してくれた。
食べられる場所をちょこっと作るよう、ごろ寝たちは進言。
だって、広いんだから。

クリックすると元のサイズで表示します

「この町の人口は1万3千人だけど、観光客は年間130万人、
 秋にいらっしゃい。りんご狩りができますし、いいわよお〜」

いんや、田舎は夏に限る。

クリックすると元のサイズで表示します

小布施駅へ戻ったら、ちょうど3時。





AutoPage最新お知らせ