Dear Friend,Gentle Heart
2008/9/9  CMにも字幕を  手話

国際ユニバーサルデザイン協議会が主催した、

http://www.iaud.net/index.php

「CM字幕ヒアリング調査」に参加した。
今回のヒアリング調査は、
CMに字幕をつけたら、聴覚障害者にとって、
どんな効果があるのか、調査しようというもの。

「ユニバーサルデザイン」というのは、
障害者や高齢者、子供など、あらゆる人を対象に、
出来る限りたくさんの人が使い易いようなデザインのこと。
そういうものづくりを目指そう、考え方を広く広めよう、
っつー団体がこの国際ユニバーサルデザイン協議会。
なんと、日本の主な企業は、ほとんど加入してるそうです!

20人の予定に27人が参加して、会場はうれしい大賑わい。

Sキスイハウスなど5つのCMを字幕付で見て、
「は〜そう言っていたのか」と、ナットクのごろ寝たち。。。。
聞こえなくても、なんとなく雰囲気はわかるんだけど、
雰囲気って「情報」ではありませんから。
アンケートには、もちろん「字幕付けて欲しいっ!」と
熱烈歓迎の回答を所狭しと書きまくりました。
で、意見交換では、
「は〜い!」と1番に手を上げたごろ寝さん、

字幕映画を見に行ったら、回数が少ないし、
障害者も少なかった。
電光掲示板にもネットの上映情報にも説明があったのに、
「なんで、日本語なのに字幕着いてるんだ?」と
見終わった高校生が話していた。
健聴者も字幕の必要性を知らない。
もっと私たちも目立とう!
そうしないと、字幕上映もCM字幕も増えない。

ま、一般的な意見ですね。たはは!
ところが、その後、ビックリの発言が目白押し!

「4チャンネルの8時台になると、急に字幕が遅くなる」
「6チャンネンの、△●の番組だけやけに遅くて、
 おまけに、よく途中で切れます。」
「4チャンネルの○◇の番組の字幕は13文字だけど、
 それでは、ほとんどの文章が途中までしか入らず・・・・」

みんな、すげ〜 すげ〜よ〜
オーソリティだよ〜

いや〜ごろ寝、恥ずかしかったです・・・・

その後、10人あまりでワタミで宴会。
久々に会った仲間もいて盛り上がりました。
気楽な仲間ばかりの中、ごろ寝、

「来年3月で助手仕事も終わりだし、理事も下りるから、
 やれやれだ〜、楽するぞお!テニスだテニス!」
と、
友人のJんじん、

「ふ〜ん・・・

 で、自分だけのために生きる

 ってわけだ・・・ね・・・・・ふんふん・・・そか。」

白い目で・・・・・見やがりますの。

Jんじんは、手話講習会時代の仲間だが、
同じクラスで手話の勉強をしていたときは、
どこか打ち解けない、暗〜いところがあって、
自分の鬱屈や辛さを打破するために、
ボディビルに打ち込んでいたようなクソまじめな奴。
ボディビルって、すっごく苛刻なんですよね。
とにかく鳥のササミしか、食わないんだから!

いまは、協会の青年部で、企画担当を任されており、
その文書作成に寝るのが2時3時、ザラだそうです。

え、えらいね・・・・・
君は、本当に、変わったねえ・・・・・

いや〜ごろ寝、恥ずかしかったです・・・・・・





AutoPage最新お知らせ