Dear Friend,Gentle Heart
2008/11/29  ポイント  つれづれ日記

家中の家電が、不平不満を漏らしている最中、
事務所のパソコンにも異変が起きた。

「仮想メモリーが不足状態です・・・・」

どえっ!

来てしまったか。

どうしてもアップグレードの必要な2台のみ新機種導入、
ごろ寝専用は3年リース切れの旧型でがんばろうと、
思っていたのだが。。。。。。。。。。。

しかたない、この際メモリー増設で、しのごう。
いろいろ、調べて、「Yマダ電気」へ行った。

「Yマダ電気」は、ポイントが大きい。
ポイントカードを持っているのはT子なのですが、
お世話になっているお礼に、
あっちこっちのストアのポイントは、T子にあげている。

会社の買い物だが、ネット価格よりも100円安いし、
メモリーは自分で増設するから、
ポイントぐらいもらってもいいだろう。
ボスに、相談したら、オッケーが出た。
で、1ギガのメモリーを2個購入したついでに、
テレビもゲットしてしまったのよ〜

実は先日、ごろ寝は妹に、
どーんとテレビを買ってやったばかりなのだ
そのポイントが、バッチリ入ってる。
それにさっきのメモリーのポイントも入っているし。

あと少し、T子が引越祝いを出してくれれば、買える。

この提案には、やさしいT子も、ぶつぶつ言っていたが、
さすが太っ腹、買ってくれるって!わーい!

「ついでに、光ネットにも入りなさいよっ!」

は、はい。

まさか帰宅の日が来るとは思わず、
10月1日にやっと、プロバイダを解約したっつーによ。

T子に強引にすすめられるまま、手続きする。
この手続きに1時間以上かかってしまった。
詳しい説明がたいへんなのだ。
こちとらは、いったい支払いがいくらになるのか?
それだけわかればいいっていうのに。
もう、どっと疲労困憊。

しかしこの加入により、ポイントが2万もつくのだ。

T子としては、是が非でも入って欲しかったのでしょう。

ううううう(T。T)

泣くこたないか(笑)

リビング用の蛍光灯も買って、
着々と、我が家復活の日が近づいています。

さて、

マンション1階に、新しくパン屋さんが入居していた。
珍しい「ドイツパン」が、とてもおいしいんです。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/26  管理人さん  つれづれ日記

さて、2年ぶりに帰宅したら、

ガス給湯器が故障して、役に立たないのだ。

ってか、この「ガスター」初めっからダメでしたねえ。
いくらやっても、「風呂予約」はできなかった。
とりあえず「自動運転」や「追いだき」はできたので、
まあ、いっかと使っていた。
5、6年前、給水弁のなかに汚れの生成物ができて、
給水弁が上手く作動せず、
給水が止まるだかなんだかの不具合が見つかり、
無料交換に来た。
でも、そのとき、とてもいやなコワイ思いをしたので、
もう、そこの修理屋さんを呼びたくない。

この際、「リンナイ」「ノーリツ」「パロマ」等に換えたい。
近くに銭湯があるから、とりあえずはそこへ通うことに。

その他風呂場関係は、
シャワーのこびりついたカルシウムがすごいね。
タイルの目地の黒いのや、これは・・・・穴かよ!?

あり?
リビングの蛍光灯も切れているよ。
そうだ、テレビの移りが悪いんだったな・・・・
DISCUSに入ったけど、うちってDVDないんだった!
ビデオもつながってないな。

ああっ!2年間まえ買ったハードディスク、
梱包も解いてないまんまじゃんっ

ったく、帰宅したとたんに、「管理人さん」だっつーの!
むやみに、自宅に帰るのも考えものですよ。。。。。

ところで、はるるさんご推奨の伊達顔?!
野球小僧で、いまでも野球大好きの畠山くんです!

クリックすると元のサイズで表示します

かわいいです〜
でも、最近見たら、かなり丸くなってたなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/24  家を出る時  つれづれ日記

いい年になっても、
ごろ寝は、なかなか生家を出ることが出来なかった。

そろそろ出て行きたいな〜んとは思っていたのだが、
どうも自分からはなかなか言い出せない。

なにか、よい「流れ」はないか、
チャンスを待っていたような状態のところへ、
ごろ母が、なにか別件でキレタついでに、
「もう、出て行って頂戴っ!」と怒鳴ったので、
そうか、よし、では出て行こう!としめしめと思った。

やはり、自分のためだけでなく、人の役にもたちたい。

乳がんになり、自宅を出たときも、自分の決断ではない、
T子のなすがまま、という感じである。

この同居も、なにか、T子の役に立ったのであろうか。

気づいたら、1年以上居座ることになり・・・・
自分の荷物も増えて、元々狭い上になお狭くなって、
いいかげん、帰ろうかなあと思ってはいたのだが、
それでも、「この家を出る!」と、なぜか、
言い出せなかった。

言っちゃ、悪いような気がして。

しかし、
T子の娘のN子が、痺れを切らして口火を切り、
このたびやっと出ることになった。
同居は、思春期のN子には、苦痛だったのである。

ま、なにごとにも時期があるものである。
これで、N子のお役に立てる。

まるまる2年、お世話になりました。
11月24日 ごろ寝、自宅に戻る。




AutoPage最新お知らせ