Dear Friend,Gentle Heart
2008/11/22  要約筆記者と交流会  手話

日曜日、「要約筆記者との屋外交流会」に参加。
というか、ごろ寝が企画担当でしたん〜

この交流会の経緯も意味合いもわからぬまま、
ネットでいきなり名指しされまして、否も応もなくありやせん。
平日昼間の仕事は、全部断っているんで、ま、仕方ないか。

要約筆記者は、主婦の方が多くて、遠出は無理。
品川プリンスアクアリウム&中華バイキングってことで、
近場も近場、いかにもの安易な企画(汗汗汗)
それでも30名近く集まりました。
聴覚障害者と、要約筆記者がほぼ半数づつ。

ごろ寝、ついこないだも水族館行ったのよね。。。。。。
それに普段は手話でしょう?
要約筆記のお世話になったこともないし、ねえ、
なんだかなあ〜
と思いながら、当日を迎えました。

そして、目からうろこでした。

要約筆記って、便利だ〜

イルカショーや、エイの餌付けショーの楽しいアナウンス、
館内の案内放送、
こういうものは、要約筆記のほうが、断然向いているわ!
手話だと、読み取りに忙しくって、見物の暇がない。
飛び跳ねるイルカたちをゆっくり見て、
ふと、要約筆記者の書いたものを見ると、
おお〜、ばっちり情報が書いてある。
なんてったって、プロだから、まとまりが合って、
本当に必要なことだけが書いてあるから、
さっと読めて、アトラクションの面白さ倍増でしたわ。

やっぱ、なんでもやってみるもんだすな。

普段、要約筆記者は、黙って、相手の話を黙々と筆記、
障害者との個人的な挨拶や雑談も全くないそうです。
障害者にしてみれば、ちょっと冷たい?と感じることもあるとか。
要約筆記者のほうも、「これは仕事!」と割り切って、
プライベートには入り込まないのが、マナーといえ、
もう少し、障害者との距離を縮めたいじゃないか、
というわけで、この企画が立ち上がったらしい。
要約筆記者の方たちのほうが、積極的だったみたい。

なるほどねえ。。。。。。

アクアリウム見学ですっかり打ち解けた参加者たち。
その後のランチバイキングでは、要約筆記者も障害者も、
ノートテイクやカタコト手話で、おしゃべりも盛り上がって、
ごろ寝本人が一番楽しんでいたかもしれません。
いつもと違うメンバーで、そういう意味でもよかったね。

出不精な障害者も、こういう機会があったら、
どんどん参加するよろしね〜




AutoPage最新お知らせ