Dear Friend,Gentle Heart
2009/6/10  テレビ番組ふたつ  テレビ/映画

昨夜は、家にいて、ずっとNHKテレビ。
乳腺外科医の特集では、ごろ寝の主治医がちょろっと映った。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090609/index.html

テレビで見る患者さんたちの辛い闘病・・・・・苦悩・・・・
ごろ寝なんか、スパスパッと切って、あとは飲み薬だけだから、
ぜんぜん辛くもなんともないの。
早く見つければ、治療も辛くない、生活に支障もないのです。

日本では、最近どんどん患者さんが見つかっているけど、
だんだんと検診する人が増えているってことなのでは?
それでも、先進国としては、検診率がとても低いらしいのね。

マンモは痛いなんていうけど、あんなもん慣れですよ、慣れ。
ごろ寝、また、マンモか、やだなあ、とは思わないもの。
そして、慣れてみると、上手い下手がわかるんですけど(笑)
ま、とにかくね、みなさん、とくに検診経験のない方、
乳がん検診しましょうね!

爆笑問題ニッポンの教養
「わたしは ここに いる」(盲ろうの人)福島智

http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20090609.html

これもよかったな。
この番組はわりとよく見るほうだ。

爆笑問題・太田くんの相手を射るような目が好ましい。
田中くんの何も考えていないような素直な態度が好ましい。

今回、太田くんは、
「かわいそうだなんてこれっぽっちも思うものか。」
という心意気?ががんがん伝わってきて、ある意味感動した。

そして、田中はいつものように、
受け取れる限りを、よくわからないものまでをも含めて、
亡羊と?受け入れているところにまた、感動した。

何も見えない、何も聞こえない。
真っ暗な宇宙に一人ぼっちだ。

右も左も上も下もないだろうと思う。
ときどき、闇のかなたから、指を伝わって通信が来る。

彼は記憶の中の言葉を操り、口から暗闇に放出する。

相手が目の前にいようが、10メートル離れていようが、
それが闇から闇への通信には違いない。

ごろ寝も、大勢の中にいて、よくひとりぼっちになる。
いないのといっしょだ、と思う。
話したり、笑ったりしている友人たちをながめていると、
寂しくて、たまらなくなるときがある。
見えるから、よけいサビシイ。
でももう、わかっているふりをしてニコニコしたりしない。
自分だけが我慢をしていても、絶対に解決しないから。
福島さんもですね?
自ら発信しなければ、なにも解決しない。

それにしてもこの「指点字」を作ったのが、
福島さんのお母様だたっとは!
すばらしい親子ですねえ。

     

月に一度のサークルに来てくれるボランティアのNさんは、
盲ろう者のサポートもしているのです。
先週1週間は、盲ろう者サポートの泊りこみ研修だったそうだ。
参加者は、10の県からひとりづつ参加、Nさんを含めた10名。

うちのサークル、ちょっとすごいじゃん!
こんなスゴイ人が、サポートしてくれてるので、
ぜひ、たくさんのかたに参加して欲しいものです。


2009/6/8  フレンチ終幕  テニス

「信じられない。
 ここまで勝ち上がるのは決して簡単ではなかった。
 目標としてきたことは、すべて達成した。
 これからはもっとリラックスしてテニス人生を続ける
 ことができる。」
     ロジャー・フェデラー 2009年6月8日0時28分(共同)

ついに、グランドスラマー・フェデラーが誕生した。
数々の偉大な業績から、なぜか、フレンチだけが欠けていた。
この優勝は来たるべくして来たような気もするが、やはり偉業だ。

結局WOWOW入って、全仏、のべ4、5時間ぐらいは見たかしら。
ソーダーリングとの決勝は、3セット目の途中まで見たけど、
もう勝敗は決ったと思ったし、眠気にも勝てなかったし、寝た。
それにしても、朝のニュースで結果報告どこもやっていないよ!
悲しいねえ、わびしいねえ、ジャパンのテニスファンよ。

ビッグサービス、独特のスライスショット、ストレートのパス、
神業のドロップショット。。。。。
どれをとっても素晴らしい、フェデラーのテニス。

やっぱり、見てよかった。WOWOWに入ってよかった〜
しかし、解説にまったく字幕がないのは不満でございますな。
試合中は目障りだから要らないけど、
ダバディーさんとゲストとのおしゃべりはぜひ聞きたい。

WOWOWは、字幕がなくてもいのかな?
法律に触れないのかな?
法的期限までには付くようになるのかな?

2009/6/2  テニスやめろ  テニス

協会仕事から、ついに逃げ切りオーライ!
ほっとした。
いろいろ、このワシに期待してくれる声もありましたが、
どうにも身体がついていかないし、気持ちに余裕がない。

しかし、うしろめたい。。。。。。
申し訳ない。。。。。。。

一所懸命に組織を守り立てようとがんばっている、
中難のA先輩に、要約筆記者のM先輩。。。。

A先輩にはこんなメールをもらった。

夫に先立たれたし、子供も皆それぞれ家庭を持ったので、
動けるうちは残り人生を、気障だけど、
協会の手伝いをながら、頑張っていくしかないね。

え、えらいっ(T_T)

ごろ寝、理事退任の挨拶をした総会の席で、
このおふたりと隣り合わせておりました。

なんとかごろ寝に、ほかの仕事を与えようと、
メモがいろいろ回ってくる。
「じゃあ、いまはなにも協会仕事はないのね?!」
「毎月第二土曜日午前中、空いてない?」

こちらも、もう、ケツまくってメモに書いて渡す。


 「毎週土曜午前中は、テニスです。」



そしたら、A先輩からまた、メモが。





 「テニスやめろ




ぎゃはははっ (^▽^;) シンプル。。。。
先輩、大好き!


(−.−;ゞ





AutoPage最新お知らせ