Dear Friend,Gentle Heart
2009/7/30  祝55歳  つれづれ日記

いやはや、ビックリ!

マッハ55歳!?

クリックすると元のサイズで表示します

人生いろいろだが、人に生まれて、幸せ!

神様、ありがとうございます。

2009/7/29  河村カオリさん  病気

河村カオリさん、享年38歳。

いま、写真で見るそのボーイッシュなルックスは、
まさにごろ寝のアコガレ!!
だが、彼女について、知っていることはわずかです。
略歴を読んで、むごい、厳しい人生を歩んできたなと、
思いました。

      

「こ、、このひと、だれっ?!」

NHKドラマ「新宿鮫」で、
カオリさんの演じたショウは、あまりにも鮮烈でした。

カオリさんだけは、原作のイメージを崩さず、
それどころか、私の想像するショウのイメージどおり、
いやそれ以上の存在感でした。

きっと歌声もすばらしかったに違いない。

      

乳ガンが転移して、そうすると、そこからが本当の闘病。
死ぬまでの、ある意味、死ぬための、
「重労働」が始まるのだ。

抗がん剤は恐ろしい。

抗がん剤を打つくらいなら、死んだほうがマシだと思う。
しかし、その時になったら、拒否できるだろうか。

今朝、小さな女の子が、ごろ寝の夢に出てきた。

カオリさんの娘のルチアちゃん、まだ小さいよ。
悲しみ乗り越えて、幸せになって欲しいです。

祈ります。


2009/7/28  小説「町長選挙」  読書

奥田秀朗の伊良部一郎シリーズをご存知でしょうか。
以前、「イン・ザ・プール」をここでご紹介したかと思いますが。

ナニイマゴロイッテンダイッ!

スミマセン、つい最近読んだんです。

いい年して、甘えん坊、だらしなくて調子に乗りやすく、
ところが存外、腕は確か?な精神科医です。

今のところ、文庫3冊出ておりますが、かなり笑えます。

最近、3冊目の「町長選挙」をブックオフで見つけて、
いや〜久々にガハガハ笑いました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな精神科医なら、私もなりた〜い?!
小説のキャラがいかにのびのび生き生きしているか、
これはごろ寝にとって、もっとも大切な問題なわけです。
伊良部先生、私の大好きなキャラでございます。

前作同様こちらも短編集でして、
標題の前の3つの作品がごろ寝には、めちゃ受け。
どれも、ボンクラ物知らずな私でさえ、
「ああ、この人は!?」とひと目でわかる著名人を
モデルにしていまして、人目はばからず爆笑。

しかして、その読後のなんとさわやかなことでしょう。

暑苦しい夏の夜、
想像するだけで暑苦しい見た目の伊良部先生のブイサインに、
あなたはきっとご満足することと思います。

おすすめ。


モデルのご本人たちは、読んだのか、気になります。





AutoPage最新お知らせ