Dear Friend,Gentle Heart
2009/7/24  ディア・ドクター  テレビ/映画

笑福亭鶴瓶さんが、いろんなタレントといっしょに、
田舎を訪ねるNHK番組をときたま見る。

「いいおかあさんや〜」
「ええ子ですよ〜ほんまにかわいい子等よ〜」
「やさしいおとうさんやなあ!」
「美人ですよ〜美人やわ〜おかあさん!」
「ほんま、ええ家族ですやん!」
「しあわせやないの〜ほんまに〜」

毎度毎度、誉め倒しがすごいですよね〜

「これおいしいわあ。もうちょっともらえますか?」

気さくで、甘え上手でもある。

クリックすると元のサイズで表示します

この男、油断ならんな〜と思うごろ寝。

え?思いませんか?!
ただのやなやつか〜い、わたしィ(笑)

そうかなあ。

あのほそーい目の奥に、
なにか得体の知れん暗いもんがあるように思えて、
どうしても、100%信頼できませんねや。

落語家さんって、そういう雰囲気の人多いような気がする。
桂三枝さんも、小朝さんも、亡くなった志ん朝さんも、
明暗併せ持つ二重人格のような、ふしぎな雰囲気がある。

もしかしたら、その得体の知れんところを、鶴瓶さんは、
本業の落語に、生かしてはるのかもしれん。
いや、その本業で培われたのがその雰囲気なのか。

鶴瓶さんの人懐こいところや飾らない人柄に隠れた、
どうも得体の知れんところ、薄暗いところ、
この監督さんも見抜いたんや、きっと。

さて、映画はいきなり臨終の場面!?

いまや瀕死の老人役をやらせたら天下一品の高橋昌也が、
冒頭から笑わせてくれます。
しかしこの始まりからして、
尋常じゃない雰囲気がムンムンであります。

息を殺して見なければ、大事な場面を見逃して、
わかるものもわからないまま、過ぎてしまう。
せりふのひとつひとつも、????の連続。
もちろんここに書いてしまいたいような、
素晴らしいセリフもあるんですけど、
書きませんから、ご心配なく。

これは、もうねえ、かの大河や朝連ドラマみたいな、
せりふでなんでも説明するドラマばかり見ている人には、
わからないんじゃないかな、本当の筋書きもテーマも。

とにかく、わかりにくいところが気に入った。

現実が、わかりやすいわけがないのじゃ。
日常って、せりふと感情があってないことの方が多いし。
わかりやすいのは幼稚園児くらいで。
いやそれだってわからないさ、幼稚園児だって人間だ。

とにかく必死に見ましたよ〜こんなのも珍しいよ!
思い出して、今頃「あ!!そうかあっ!!」って、
言ってる私も、充分どんより鈍いわけですが(笑)

「剣岳・点の記」で、山の案内人を好演した香川照之が、
ここでは正反対の営業マンで、すごくいいっ!
この人はこういう役の方が、だんぜん魅力的。

中村勘三郎がちょこっと出てるんですが、
これが不思議にリアルなんだよね、なんでかなあ。

やはり、、ですか。。。。。。。。

そんでもって、ああ〜最後、どうなるんだ???え?え?
このあんた、最後がまた!!

。。。。。。この村は、「これで」機能しているのだ。
いやはや、鶴瓶さんの得体の知れなさに酔いました。
いやいや、これは監督さんの腕前でしょう!
余貴美子、八千草薫、ストーリーも俳優も、美しい田畑も、
なにもかもしっくりはまって、これは名作。

とにかくどこもかしこも簡単じゃない、一口で括れない、
それでいて大いに笑える面白い映画ですので、必見!

西川監督の以前の映画も、見てみようかな。

NHKドラマ「ハゲタカ」DVD、字幕ない。
NHKのバカ。。。。


2009/7/23  中学一年生  手話

日食、曇天という。。。。。がっくし!
日食グラス、26年後までしまっとくしかない。
26年後といえば、ごろ寝はちょうどめでたく80歳だな。

「んにゃ?こりゃなんじゃい?!」

忘れとるわ。

先週は、某私立中学校の「障害体験と講演」というのに
お招きいただき、中学一年生130人を前にお話をしました。

私のほかに、車椅子の男性と視覚障害の男性が参加。

講演のあとに「車椅子体験」やら「目隠しで歩く体験」
「手話体験」などを担当しての、実習もありました。

ごろ寝の子供の頃は、こんな学習はなくて。
ちょうど彼らと同い年の今頃は、まだ学校に慣れなくてね。
学校行くとホームシックになって、ぽろり涙がでちゃう。
しかたないから、「おなかが痛い」とウソついて、
しょっちゅう保健室でふとんかぶって泣いてましたな。

夏休みに2泊3日の合宿があって、2クラスづずつ浅間山へ。
当然、その夜も2段ベッドがずら〜っと並んだベッドルームで、
ひとりシクシク泣いていたら、
あっちのすみで同じように泣いているやつがいてね。
ユチエっていうやつでしたが(笑)
はっと目が合っちゃって。
お互い見てはいけないような物見たって、見ない振りして。

ところが、翌日の夜のキャンプファイヤー。

「2泊3日、みなさん楽しい思い出ができましたか?」なんて、
みんな並んで、先生の話を聞いているときに、
突如ユチエがくりっと振り返って

「おまえ!泣いてたな!!」

でっかい声で言いやがったから、周りのみんな大爆笑!
私は真っ赤になって、

「自分だって、泣いてたじゃないかよう!!」

それから、学校が平気になった。

そんな自分を思い出すと、
中学1年生なんて、人のことかまっちゃいられない年齢。
考えてみれば、
こんな勉強させられる中学生も、ごくろうなこってすな。

みんなほんとうにかわいくていい子たちで、感動でした。

車椅子の男性は、なんと車椅子テニスの選手だという。
びっくりしたのは、ラグビーの選手だったのに、
海に飛び込んだ衝撃で、首を骨折、下半身不随に。

ブログあり。古賀貴裕さん。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/implayer/

世界ランキング。36位?とか。
あの国枝選手と同じチームらしい。
いやびっくりびっくりすばらしいです。
まったくいろんな出会いがあるものでございます。
ありがたいのう。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は奄美市あやまる岬からみた日食だそうです。


2009/7/22  劔岳・点の記  テレビ/映画

本格日本映画の大作。これは観ないと!

最近、とみに高いところが苦手となってしまった私なので、
山の場面は恐怖の連続でございました。
あまりにも美しく、人を拒絶する雪の劔岳。

クリックすると元のサイズで表示します

これは撮影も命がけだったのではないかと思います。

あまりに美しく過酷で壮大な映像と対照的に、
淡々とした演技の浅野忠信・松田龍平がい〜んだわ。
渋い!
素朴な山の案内人に、香川照之。
私この人、大好き。
ちょっと珍しい役柄です。

ただ地図を作るために、
これね、命がけだから、ほんとは行きたくないけれど、
仕事だから、行くんだよ。

やりたいことをやって得る名声なんて。。。。。
考えたら、偉くもなんともないのかもしれない。
だって、やりたいことをやってるんじゃないか。。。。。
そうではなく、男は、いや女もか。
仕事だから行く、っていうこの偉さ!
「偉さ」だって(笑)
あ〜もうすこしましな表現はないのか、ごろ寝〜

クリックすると元のサイズで表示します

言い方はともかく、
本当にえらいのはこういう人たちだよね。
兵隊さん。
今だったら、自衛隊の方々とか。
もっともっと感謝されなきゃいけないんじゃないかって。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公夫婦も、ほんとに幸せそうで、ほほえましい。
結婚っていいなって、感じ(笑)

戦時下、軍部の思惑もある。。。
しかし、山男たちの清々しい友情も。

最後に百科事典のように大きく分厚いその「天の記」が、
書棚にずらああああ〜っと並んでいる映像を見て、
涙がごんごん流れました。
この膨大な記録を残した、名もないたくさんの人たち。
そんな人たちが、いたんだ!
きっと、この眺めから、この物語が出来上がったんだと、
城山三郎の創作意欲も盛り上がったんだな。

う〜ん、男の仕事だ。ロマンだ。。。。。。
いいですねえ。。。。。。。





AutoPage最新お知らせ