Dear Friend,Gentle Heart
2009/7/22  劔岳・点の記  テレビ/映画

本格日本映画の大作。これは観ないと!

最近、とみに高いところが苦手となってしまった私なので、
山の場面は恐怖の連続でございました。
あまりにも美しく、人を拒絶する雪の劔岳。

クリックすると元のサイズで表示します

これは撮影も命がけだったのではないかと思います。

あまりに美しく過酷で壮大な映像と対照的に、
淡々とした演技の浅野忠信・松田龍平がい〜んだわ。
渋い!
素朴な山の案内人に、香川照之。
私この人、大好き。
ちょっと珍しい役柄です。

ただ地図を作るために、
これね、命がけだから、ほんとは行きたくないけれど、
仕事だから、行くんだよ。

やりたいことをやって得る名声なんて。。。。。
考えたら、偉くもなんともないのかもしれない。
だって、やりたいことをやってるんじゃないか。。。。。
そうではなく、男は、いや女もか。
仕事だから行く、っていうこの偉さ!
「偉さ」だって(笑)
あ〜もうすこしましな表現はないのか、ごろ寝〜

クリックすると元のサイズで表示します

言い方はともかく、
本当にえらいのはこういう人たちだよね。
兵隊さん。
今だったら、自衛隊の方々とか。
もっともっと感謝されなきゃいけないんじゃないかって。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公夫婦も、ほんとに幸せそうで、ほほえましい。
結婚っていいなって、感じ(笑)

戦時下、軍部の思惑もある。。。
しかし、山男たちの清々しい友情も。

最後に百科事典のように大きく分厚いその「天の記」が、
書棚にずらああああ〜っと並んでいる映像を見て、
涙がごんごん流れました。
この膨大な記録を残した、名もないたくさんの人たち。
そんな人たちが、いたんだ!
きっと、この眺めから、この物語が出来上がったんだと、
城山三郎の創作意欲も盛り上がったんだな。

う〜ん、男の仕事だ。ロマンだ。。。。。。
いいですねえ。。。。。。。





AutoPage最新お知らせ