Dear Friend,Gentle Heart
2009/7/23  中学一年生  手話

日食、曇天という。。。。。がっくし!
日食グラス、26年後までしまっとくしかない。
26年後といえば、ごろ寝はちょうどめでたく80歳だな。

「んにゃ?こりゃなんじゃい?!」

忘れとるわ。

先週は、某私立中学校の「障害体験と講演」というのに
お招きいただき、中学一年生130人を前にお話をしました。

私のほかに、車椅子の男性と視覚障害の男性が参加。

講演のあとに「車椅子体験」やら「目隠しで歩く体験」
「手話体験」などを担当しての、実習もありました。

ごろ寝の子供の頃は、こんな学習はなくて。
ちょうど彼らと同い年の今頃は、まだ学校に慣れなくてね。
学校行くとホームシックになって、ぽろり涙がでちゃう。
しかたないから、「おなかが痛い」とウソついて、
しょっちゅう保健室でふとんかぶって泣いてましたな。

夏休みに2泊3日の合宿があって、2クラスづずつ浅間山へ。
当然、その夜も2段ベッドがずら〜っと並んだベッドルームで、
ひとりシクシク泣いていたら、
あっちのすみで同じように泣いているやつがいてね。
ユチエっていうやつでしたが(笑)
はっと目が合っちゃって。
お互い見てはいけないような物見たって、見ない振りして。

ところが、翌日の夜のキャンプファイヤー。

「2泊3日、みなさん楽しい思い出ができましたか?」なんて、
みんな並んで、先生の話を聞いているときに、
突如ユチエがくりっと振り返って

「おまえ!泣いてたな!!」

でっかい声で言いやがったから、周りのみんな大爆笑!
私は真っ赤になって、

「自分だって、泣いてたじゃないかよう!!」

それから、学校が平気になった。

そんな自分を思い出すと、
中学1年生なんて、人のことかまっちゃいられない年齢。
考えてみれば、
こんな勉強させられる中学生も、ごくろうなこってすな。

みんなほんとうにかわいくていい子たちで、感動でした。

車椅子の男性は、なんと車椅子テニスの選手だという。
びっくりしたのは、ラグビーの選手だったのに、
海に飛び込んだ衝撃で、首を骨折、下半身不随に。

ブログあり。古賀貴裕さん。

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/implayer/

世界ランキング。36位?とか。
あの国枝選手と同じチームらしい。
いやびっくりびっくりすばらしいです。
まったくいろんな出会いがあるものでございます。
ありがたいのう。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は奄美市あやまる岬からみた日食だそうです。





AutoPage最新お知らせ