Dear Friend,Gentle Heart
2009/8/14  かわいいな  つれづれ日記

インド人と思われる家族連れ。
近くで盆踊りがあるのかな

クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/14  さよなら風小僧のおにいさん  テレビ/映画

♪木の葉が騒ぐ風が吹く
         オイラは風の子風小僧♪
♪ひゅーひゅーひゅーひゅー
         風を呼ぶんだ正義の風を♪
♪それ吹け やれ吹け どんと吹け♪

テレビでは、風小僧のおじさんと呼ばれていたが、
どう見たって、おにいさんですよ。
風小僧のおにいさんは、ごろ寝のあこがれでした。

涼しい瞳、りりしい眉、すっきりと粋な飴屋姿。。。。。

有名な白馬童子よりも、断然おしゃれでステキだった。
どうかして、風小僧のおにいさんに会えないものか。
大風に乗って、ごろ寝の家まで飛んできてくれないかと、
願ったものだ。

スリムな風小僧のおにいさんは、その後、
胸板の厚いタキシードが良く似合う中年紳士になって、
その女好きを隠そうともせず、常に飄々として、
ときにおちゃらけつつも、頑としてスタンスを変えず。
ある意味(これつければ大概はOK)、威風堂々。
思ったことを言い、やりたいことを貫いた。

「チョメチョメ」「ポエムだなあ、メルヘンだなあ〜」

ごろ寝が今でもよく使う(笑)流行語まで作ってくれた。
芝居もおしゃべりも、ゲスト相手の突っ込みも、
天才的に面白かった。

楽しい番組の数々をありがとうございました。

きっと夜な夜な、絶品の女たちと気の合う悪い?男どもと、
おいしいものだけを食べ、うまい酒を思う存分飲んだろう。
そのために患った糖尿病なら、いっそ望むところだ。
そうだよね、おにいさん。

その病気との付き合いもうまいこと数年でケリをつけ、
ちょうど齢70で生を終えることができた。
それも最後は特老で!

どう考えても

よかったじゃない?!

山城新吾さん、大往生、おめでとう!

天国にまたひとり、モテモテ男が参入したね。
きっとあちらでも、
その艶福家ぶりは、変えられないだろうなあ

風小僧のおにいさん、さようなら〜(T▽T)/~~~


ネットで検索してみました。

風小僧の動画

といっても第一部の初めのタイトルバックだけです。
いろいろ思い出しました!
風小僧、そういえば最初は子供だったよ!
これは、子役の目黒ユウキ(現・祐樹)だったんだね。
彼もすごくかっこよくて、かわいかった!

第2部が<青年編>で、山城新吾さんが、風小僧だったんだ。
ありがちだけど、実はお殿さま、ってやつ。

こちらのおふたりがまた、よく覚えてるなあ(汗汗汗)
私が歌える歌詞は、第1部のものだったのか〜
でも、曲はおなじだったよね????

チックとタックの「あったあったテレビ」

みなさんもなにか思い出したことがあったら、
ぜひ、教えてくださいな。



2009/8/13  海老さま、なぜなのかしらね?  テレビ/映画

かの寂聴さん、絶賛の美男子、市川海老蔵。

寂聴さん、ショーケンとの共著「不良のススメ」のなかで、
ショーケンの「女好き」を、
いちいち心配するフリして嫉妬している(笑)けど、
海老さまにもだ〜いぶ入れ込んでいましたよね〜

老健に入所している叔母は、海老蔵の大ファン。
「オーラの泉」の録画をいっしょに見た。

「腹をくくりなさいっ!」

やっぱりねえ。。。。

美輪さんに、海老さま、叱咤されてるわ。

最近ちょこちょこバラエティ番組にもお出ましの海老さま、
腰の定まらない、お調子こき?の性格が出まくり〜

梨園の御曹司、血筋、家柄、素質、美貌、何拍子もそろって、
さあさあこちらへおいでおいでと大歓迎されていても、
どうもいまいち乗り気でない?のは、なぜなんだろう?

なにしろそっちで、末代まで食っていけるのに、だ。

ほんとうに、なぜなんだろう。。。。。。。。。

ほかの御曹司は、若いうちから覚悟してる人が多いのに珍しい。

しかしその、ひよっているところが魅力なのかも?

         

私の場合も、あっちこっちへおいでおいでされてるけど、

海老さまに似てるの、いまいち乗り気じゃな〜い!

ぜんぜん腹がくくれてな〜い!つねに逃げ腰〜

         

一度海老さまと、飲んで話がしたい。

お互いに得るところがあるのではないか。



向こうはないか。。。。。






AutoPage最新お知らせ