Dear Friend,Gentle Heart
2009/10/28  裁判にも興味を持ってみた  読書

酒井被告 通信制で介護の専門学校に入学へ

だそうだ。

「覚醒剤ってさ〜、そんなにいいのかねえ?!」

興味深深で、語るOちゃんが、情けない。
誘惑には、からっきし弱いOちゃん。
パチンコにも弱いし、酒にも食べ物にも弱い。
通販にもマルチにも、はまっている。
誘惑されたらいちころだろう。。。。

覚醒剤って、こんな軽〜い気持ちではじまるのだな。

で、「やってみたら、なあんだ案外大丈夫!」ってんで、
親しい人にも勧めちゃう。善意半分?

「大丈夫」っていうのは、だから、あの〜、
悪いことだから、身体によくないから、犯罪だから。

ってことに対して。

こんな理由では、人間、歯止めが利かないんです。

こういう卑怯で情けないことを、やらないためには、
「嫌い」「いや」にならないと、だめなんですよね。

     

「介護の仕事をしたいと思います。」っか。。。。。

って、どっかで聞いたセリフだよな。
そうです、マーシーです!

最近のごろ寝の読書の一端は、こんな流れ〜

クリックすると元のサイズで表示します
『自爆―THE JUDGEMENT DAY 』
田代 まさし (著)

    面白すぎる!絵もプロ並み!
    で、あんまり、反省はしてない。。。。。。印象。。。
    もう1冊読んでみるか。

   

クリックすると元のサイズで表示します
『審判』
田代 まさし (著)

    う〜ん、
    今回、反省を前面に出そうとしたようだが。。。。
    どうなんでしょう。。。。
    どうしたんだ、介護の仕事は!?
    裁判で、言ったろう?!    

    

クリックすると元のサイズで表示します
『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 』
北尾トロ(著)

    これは、なかなか面白かった。 
    傍聴初心者の著者が、さまざまな裁判を傍聴して、
    時に被告に、時に裁判官に感情移入。
    最後は、傍聴マニアたちとの歓談のオマケつき、
    なんでも興味を持って望むことの大切さを知った。
    耳が聞こえたら、わしもぜひ裁判を傍聴してみたい。

まだまだ、この流れは続きそうである。

しかし、

己がリハビリみたいに、覚醒剤被告が介護士を目指す。
介護士さんたちは、どんな気持ちで聞いているのか。
考えようによっては、どちらも本気でやれば
利用者の皆さんに大喜びされることは請け合いだと思う。

2009/10/26  紅葉の湯西川温泉  旅行

10月10-11日、
さわやかな秋の風に迎えられ、湯西川温泉へ1泊旅行。

一日目の目玉は、「鬼怒川ラフティング」で〜す。
有名な川下だりのコースを8人乗りのゴムボートで下ります。
およそ6キロ。

今日午前中は、お客が私たちだけとあって、
なんと贅沢にもガイドのNさんと3人乗り。

鬼怒川は、18日の台風でかなり崖が崩れたところもあり、
だいぶ流れが変わった箇所もあるようです。
ほら、わあすごいね!

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、このあたりは観光船の浮かぶ場所、普段は、
流れの速い瀬は4、5ヶ所で、のんびりしたものです。

ゴムボートを降りて崖から流れ込む小さな滝で遊んだり、
4メートルの岩からの飛び込みもあり(しなくてもよい)、
初心者には格好の、そして充分のアトラクションでした。

飛び込みのときは、ちょうど川くだりの船が三艘、
お客さんを満杯に乗せて通りがかりましたので、
拍手や声援をもらって、大いに盛り上がりました。

宿泊は「平の高房」。


続きを読む

2009/10/22  映画「ファイティング・シェフ-美食オリンピックへの道-」  テレビ/映画

珍しく、ごろ妹に誘われて、いっしょに観て参りました。

ファイティング・シェフ -美食オリンピックへの道-

料理は「表現」であり、「芸術」なんだ。。。

フランス料理界のドン、ポール・ボキューズが提唱し始まった
“ボキューズ・ドール国際料理コンクール”
その第10回、2007年1月23日に開催された。

予選通過した24カ国のシェフたちが、ボキューズ・ドール
(ボキューズを象ったトロフィ)獲得を目指し、
二日間にわたって、怒涛の戦いを繰り広げる。

観客席では、国旗を振り回し、大声援を送る、
サッカーの応援さながらのサポーターたちで満員。。。。

映画は、スペイン代表の若手シェフ・へスースと、
アシスタント役のフェリクスの挑戦を追っていきます。

何ヶ月も試行錯誤を繰り返すへスースとフェリクス。
毎週月曜日の試食会での情け容赦のないダメ出し。

「自分の料理で、なにを伝えたいのか、を考えよ!!」
「審査員の度肝を抜け!!」

その目的実現のための構想。
料理を運ぶトレイ、料理の色、形、大きさ、配置、
審査員の期待、自己のアイデンティティから温度管理、
時間管理、厨房の整理整頓、
そして、もちろん味。。。。

毎日の練習・準備。練習に費やされる膨大な高級食材。

ときに、自信をなくし、ときにパニックになり、
ギリギリになって、なんと計画大変更のサスペンス!

本番の厨房は、国ごとの小さな厨房ブース、
初めて使用する機材ばかり。大丈夫か?!

調理時間5時間!!(ほんとは分単位よ)

さあ、出揃いました、この美しい料理をご覧ください!
この中から、どれがグランプリを獲得したでしょうか?
そして、へスースの作品はいかに?!

素晴らしい作品の数々

出演者の皆さんシェフで俳優ではありません。
それなのに、なんという立派な顔立ち、ステキなその姿!
西洋人って、見た目、本当に恰幅良くて、かっこいい。
メタボもなんのその!笑

最初から最後までドキドキワクワク、面白いよ〜
おススメです。





AutoPage最新お知らせ