Dear Friend,Gentle Heart
2009/11/27  焼肉もとやま、美家古寿司、毛ガニ  お料理

こんなご時勢に、最近、ちょっとないグルメ続きで。
東京下町の味を、堪能しました。

焼肉もとやま

前々からネットで気になっていたお店。
繁華街から、ちょっと離れているので、探し探し行きました。
ネットの地図がいいかげんで、参った。
お味のほうですが、肉も新鮮で、肉の脂が違いますね。
とても美味しくて、店員さんの感じもよく、
特に、頻繁に焼き網を交換してくれるところも気に入った。
黒くなった焼き網で焼くのは、最低ですよね。
「ぜんぶ生で食べられます!」って、セリフがまたステキ!
ほとんど生食いのごろ寝でございました。
リピート必至。

クリックすると元のサイズで表示します

大好きなユッケビビンバもサイコー!!でした。

浅草 美家古寿司総本店

浅草で三指に入るという老舗の名店。
本格江戸前の寿司って、
白い寿司飯に刺身が載ってるだけじゃないんだね〜!

クリックすると元のサイズで表示します

この、このこのこのアナゴがっ
皮がパリッと香ばしく、タレはほんの香り程度なの。
キスも昆布ジメかなあ。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

かんぴょう巻きもマグロのヅケも今まで食べたことのない、
なんつーの?食感?風味。
55年生きてきて、目からうろこの新鮮さ。
盛り上がったし、実においしかったです。
板前さんに、いちいちウンチク聴きながら食べたいものだ。
次回は、カウンター狙いか。
回転寿司もいいけれど、たまには行きたいです、こんな店。

で、

3つめは、お店じゃなくて、もうしわけないが。

クリックすると元のサイズで表示します

北海道土産の毛ガニ

何も引かない、何も足さない。
うまいっ
文句なし。

ここは、映画・グルメブログじゃないんだけど(^^;
次回はテニスについて、書くぞ!




2009/11/26  映画「パリ・オペラ座のすべて」でぐったり  テレビ/映画

映画「笑う警官」

やったあ!字幕ついた、南朋さんに会えるぞお!

おおお〜、南朋さん、かっこいい〜
前髪上げればもっとかっこいいんだけど。
いや今回は、警官に見えない警官ってこともあり、あの髪型か。
この人の目、哀しい目を持っているでしょ。
だから、いまやっているビールの宣伝みたいににっこり笑うと、
またグッと来ちゃうのね。

小説そのままの導入部分に、ワクワク!
大森南朋さん新作、とても楽しみにしていましたのねんのねん。
小説を読み始めてまだ途中ですが、いそいそ拝見。

ところが、映画は案外平凡で。

それに、初めのアソコで、だれもが不審に思ったのに、
後半のココでだれも不審に思わないのか〜い?!
で、最後はなんでこんな決着になるのか〜い?!

原作本はどうなのか、全部読んでからまたあらためて書こう。
しかし、こんなふうに描かれる「道警」って。。。。。。( ゜。゜;

      

「パリ・オペラ座のすべて」

昨日の夜、観てきました。いやはや東京、暖かくてね。

開演時間が19:40なんで、これ幸いと、
BUNKAMURA1階ロビーラウンジで、ワインにチーズ。
すっかりパリの気分をまとって、
ウキウキとル・シネマに登場のわたくす、

失敗でした。。。。。。

すっかり眠気を誘われて、前半ウトウトしっぱなし。
後半やや持ち直すも、館内が暑くてたまらず、やたら疲れ、

「早く終わってくれえええええ〜(T□T)

映画は、ほんとに素晴らしいんですよ!
導入部、まるで下水から這いこんだネズミよろしく、
薄暗く汚い地下から、オペラ座へ入っていくカメラ。

 ってか、渋谷BUNKAMURAには、
 上野から地下鉄銀座線に乗って行ったんだけど、
 上野の地下通路でドブネズミちゃんに遭遇!
 人ごみもわきまえず、柱の下の排水溝から這い出てきて、
 目の前をつつつつつつ〜と横切って、別の柱の排水溝へ、
 「わ、うっそおお〜!!」あまりにびっくりしたので、
 いっしょに歩いていた妹と思わず抱き合っちゃった。
 ってことがあったので、つい、そんな想像をした。。。。

総大理石の床に柱、あらゆる美の粋を集めた室内装飾。。。
その建物も圧巻だよ、素晴らしくも重いよ、重たいよ〜

そこに集まっている人間たち、
バレリーナ、教師、振付師、また衣装係、掃除夫、調理師、
あるいは運営の中枢として働く職員たちは、
オペラ座の舞台に、バレエに、その名声の存続と繁栄のため、
日夜働き続けているのですっ!

繰り返されるレッスン、生徒の悩みの答えるチーフ、
意見の食い違いを見せるふたりのコーチ。

ああ、「アラベスク」の世界や〜

あるときは、水のように、また異形のもののように、
細長〜い筋金の身体を放り、振りまわし、ねじり上げ、
心の奥底の覚醒をつむぎ練り、磨き上げるダンサー。

ダンスも、とにかくすごすぎる!
最後のバレエ場面で、ついに気持ちが悪くなってしまった。

「もうわかった!早く終わってええええ〜(><;」

いやもう、暑いし、のど渇いたし、座っているのに疲れたし。
ちなみにここ、場内飲食禁止です。
そ〜っと持って入りましょう!

上映終了後、場内が明るくなってすぐに、
「いや〜、長かったね〜(^^」の手話表現をしたごろ妹。
彼女は4時にラーメン食べたとかで、すっきりしゃっきり、
「中身が濃くて、見ごたえあったよ!よかったねえ(^▽^)」
とさすがに、大満足。

そのごろ妹も、その昔趣味でバレエをやっていまして、
ごろ寝も大学の授業で二年間だけクラッシック習いまして、
お互いになつかしいバーレッスンシーンにしみじみ。。。。

って、ぜんぜん別物ですがっ(爆)

終了時間は10時半を過ぎ、きゃあ、こんな時間に渋谷!?
危なくない?ヤクの売人とかに捕まらない?!
で、帰宅したら午前0時。
今日は、ずっと眠くて眠くて。。。。。。

こういう映画は、コンディションが大事だと身にしみました。


2009/11/17  やっぱり楽しくなくちゃね!  手話

odorikoさんから、こんなコメントをいただきました。


『私、聴覚障害者のボランティアをしてたんですが、
 自分の限界を知り辞めました。
 要約筆記・パソコン要約筆記はボランティアでは無いと思います。
 頑張って資格は取ったけど、私には重荷でした・・・挫折です。
 今は凄い機会が有るんですね。初めて見ました。
 画面を見ながら字幕を見るんだと忙しいですね。
 字幕をビデオに付けたりをお手伝いしてたんですけど、
 サークルを辞めたので全部中途半端です。
 手話は趣味の域ですがやってます。
 来年から手話自力で勉強します。』

odorikoさんは、ボランティアが大好き!、ということで、
要約筆記に、パソコン要約筆記、字幕ボランティアに手話!
すばらしいんですよ〜!
どんな聴障団体に参加されても、大歓迎だと思います。

明るいし、積極的だし、なにより「便利」だから。

え?ひどい言い方?!
でもこれ、ほんとにそうなんですよ。
聞こえない同士が集まっても、コミュさえできない。

長いこと、楽しくがんばってこられたようなのですが、
きっと、疑問がわいたのだろうとお察しします。

odorikoさんの気持ち、とてもよくわかります。

こんなにがんばってるのに、ボランティア。。。。。
英語やフランス語の通訳だったら。。。。

障害の仲間のために、健常な仲間がサポートすればいい。
そうするのが、あたりまえ。
これがボランティアの精神。

要約筆記サポートのおかげで、
障害者はコミュできて、笑ったり楽しむことができますが、
サポート役は、ひたすらサポートするしかない。

それに、

中途難聴者は、当然高齢者が多いので、
いつしか、お年寄りたちを楽しませる場になってしまう。

odorikoさんは、「挫折」とおっしゃっていますが、
逆に、仕事じゃないんだから、
サークルがつまらなければやめていいんですよ。

どこまでもどこまでも人助けしたい!
そういう人もなかにはいらっしゃるだろうけど。
私も、ぜんぜん違いますし〜(^^;ゞたはは!
自分が楽しくないのに、行きたくないですよね。
ま、また元気が出たら、サークルに戻ってもいいし、
別の楽しそうなサークルに行くのもいいし。

「来るもの拒まず去るもの追わず」

そういうサークルでなければいけない、って、
わたし、手話講習会で学びました。

でも、要約筆記は資格まで取ったのですから、
できれば地域に登録して、有資格者として、
ぜひ、引き続き聴障をサポートしていただきたいな。

お住まいの市区には、登録制度があると思いますが、
いかがでしょうか。
地域の派遣に関われば、
わずかですが、報酬が支払われると思うのですが。

長年にわたるろう団体のプッシュで、
通訳者派遣制度は、かなりの広がりを見せていますが、
「要約筆記者派遣制度」は、中難のパワー不足で、
まだまだ、一般的ではありません。

これは、我々、中難の問題でもあるわけで。
中難の地域での活動の活発化が、急務ですね。

でもでもでもでも、でもいつか、どこかで、
あなたとわたしが出会ったとき、
私たちには、コトバの壁がないのですね。
うほ〜!楽しみですね!すてきですね!

手話を勉強したことのある人って、結構たくさんいる。
そして、「挫折した」と言う人もたくさんいます。
講習会厳しいから、みんな自信なくしちゃうんですね。
でも、そういうみなさん、手話、案外できるんですよ。
卑下も謙遜も手話には、不要なのに。

odorikoさん、
無理しないで、楽しく、コツコツ続けてください。

内容は、コメントでいただいたのですが、
とても、大切なことと感じたので、記事に投稿しました。
また、遊びに来てくださいね。
私もおじゃまいたしま〜す!





AutoPage最新お知らせ