Dear Friend,Gentle Heart
2009/11/1  タイムスリップ  テレビ/映画

ごろ寝は、
大沢たかおって、どうよ?!って人だったのに、
いまやがっつりどっぷりはまっております。

「JIN−仁−」

手術で恋人を植物人間にしてしまった脳外科?医が、
ナゾの患者を追いかけているうちに、幕末にタイムスリップ。
かなり面白いです。
そして今、私は思う、

「大沢たかおって、なんていいのっ?!」

う〜ん、楽しいですな、自分の変心が。
大沢たかお、今までの努力が実を結んだ。
まあまあ、ここはどこまでも、ワシ中心で。

現代人が、江戸時代にタイムスリップ。
といえば、

NHK少年ドラマ「幕末未来人」(S52年)。

主人公の少年が、ライター使って江戸庶民を驚かせていた。
・・・・・、やってみたい。

そして、近年は阿部寛主演「天晴れ夜十郎」(平成8年)

って、近年じゃないですわ、調べたら、もう13年前!?
阿部寛もね〜、出たてはマノビそのもの?だったのに、
この夜十郎で、すっかりワイルド&ニヒルに変身して、
わたくしぞっこんになってしまいました。

そういえば、
こないだ、ちょろっとドラマ「なんとかドッグ」見たけど、
きっとそのうち、

「小栗旬くんって、なんていいのおっ!?」

と言い出す日も来るのでしょうか。

さて、タイムスリップといえば、これ、

「BALLAD/名もなき恋のうた」

観てきました。
実は、テレビでクレヨンしんちゃん版を観て、
敢え無く泣いちゃって。。。。

いじめられっ子が主人公の映画は多いけど、
この映画の川上真一くんはノンポリ派です。

武士道なんて、あっほらしい、ばかみたい。
だけど、なんてすばらしい清々しい生き方!
無骨、無粋、不器用、そんな男が心底愛おしい。

今回もツヨポン、その時代に生きた名もなき侍を、
シンプルに見せてくれまいた。よかった。

お姫様役の新垣結衣。
いままで、聞いても、顔と名前が一致しなかったけど、
これまた、気高く強く美しく賢くかわいい理想の女性。
ぴったりでした。

大沢たかおも出演してまして、よかったです。
強引・横暴・傲慢、なんだけども、
ここぞというときには、潔くて男らしいのだ。
惚れ惚れするのだ。これでいいのだ。

中村敦夫が、いい意味で力が抜けてて楽しい。
もしかしたら、戦国時代って、存外自由だったのかも。
と、思ってしまった。

戦の様子もすごくリアルな感じで、好感持った。
「引けえっ!」って言われたってさ、あんた、
さっと引けるもんじゃないんだよね。
重い武具に武器、野山、悪路、疲労困憊、傷だらけ。。。。
第一みんなエッサカエッサカ徒歩なんだ。

未来人だって聞いても、案外ぽわーっとしている人々が、
これまたリアルでおかしかった。

昔の人が、現代に来たらたいへんだよ、大騒ぎ、
マスコミは押し寄せるわ、近所の見世物になるわ、
すぐにノイローゼだろう。

で、やっぱりこちらでも「ライター」やってた〜
シュポッと、私も昔の人を驚かせてみたいなあ(^^;ゞ





AutoPage最新お知らせ