Dear Friend,Gentle Heart
2009/11/4  そうだったのか、やっぱりね。  読書

ツチケンことお茶大教授土屋賢二の本は、じつに、
ためになるものが多い。

会議、授業(仕事)などのめんどうをいかに回避し、
正当化するか、ほとんどの話題はそれにつきるが、
中でもこの本は秀逸である。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとなれば、こちら珍しく対談集で、
ツチケン以外の人間もしゃべっているからです。

小気味よい皮肉の応酬は、場所柄をわきまえず笑える。
相当、笑える。1分間に1度は笑える。すばらしい。

そして、対談のお相手はといえば、
世界的な学者、著名人を求め八方手を尽くしたようで、
たいへん幅広く、著者の身近な人ばかりを集めている。
感心した。

購入して、すぐにページを繰ってみて、驚いた。

最初の対談相手は、
大手化粧品会社で研究に従事していたという、
某科学者である。
その博士様に、ツチケンが噛み付いているのである。

いいぞ、ツチケン!ごろ寝の味方っ!

なるほど、化粧品に効果があってはいけないのだ。
だから、どの化粧品もまったくシミに効果がないのだ。
目の前の靄が、すっきりと晴れた気がした。

以前、俳優の黒沢敏男が、どこかのテレビ番組で、

「シミの原因は紫外線じゃないよ!だって俺なんか、
 年がら年中、なんにもしないで日に当たってるもん!」

と、コメントして、周りを凍りつかせていたが、

そうだったのか、やっぱりね。

これは、広告業を含めて、そのギョーカイのタブーなのだ。

え?なんだかわからない?
ま、興味のある方は、自分で読んでみてください。
とにかく笑えるから。





AutoPage最新お知らせ