Dear Friend,Gentle Heart
2010/7/28  女の子たち、気をつけなさい!  テレビ/映画

■宮部みゆき著「楽園」
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163262406

入院前に読み始め、入院中に読み終わった。
例の「模倣犯」に大きく関わった女性ルポ・ライターの9年後。
この手の宮部みゆきの小説は、実に怖〜い。
今回も、本題の核心に迫っていくストーリーと平行して、
新たな少女誘拐監禁事件が迫り来る筋立てで、終始ドキドキ!

あ〜やだ、怖い怖いと思いながら、

「いやしかし彼女の小説は、がんばって最後まで読むと、
 そこには、思いがけなく穏やかで慎ましいけれど、
 愛のあふれるエンディングが待っているのだっ!」

そう信じて、いつも私は宮部みゆきを読むのであります。
弱虫ですなあ。

今回、事件の切り口は、また別の方向から。
これも、どうしていいのか、難しい問題だ。。。。。。

■DVD「殺人の追憶」ポン・ジュノ監督
これは、実際に起こったソウル近郊の女性連続殺人事件を、
ユーモア!まで交え、すんばらしい映像表現で描いて、
数々の賞を獲りました2003年の衝撃の問題作。

って、観てから、知りました(^^;

詳しい内容は、こちらでバッチリ!
http://c-cross.cside2.com/html/a10sa005.htm

取調べは、見た目と直感とうわさと暴力。。。。。

主人公パク刑事のドン臭さと強引さに、速攻、嫌気がさし、
観るのやめようと何度も思ったけど、がんばって観た。
観た甲斐は、大いにありました。

ポン・ジュノ。
絶対に見て損はさせませんね。

特に最後の2分が、すげえっ!(><;)

     

「模倣犯」から「楽園」、そして「殺人の追憶」

犯人は常軌を逸した「○態」と言われる人間たちです。

奇しくも、事件発生から9年〜10年を経た時点まで、
描かれていることでも、なにか似ています。

事件に関係した人間たちは、事件からまだ逃れられなかったり、
すっかり、日々の生活に紛れて、忘れかけいたり、そして、
何度も思い出して、反芻していたり。。。。。。。
その人たちにも、家族はいるんですよね。

事件は、解決しても、決して終わらない。

やりきれないのは、

いつだって、若い女性ばかりが狙われる。
草食系何とかなどという言葉に踊らされてか、
っていうより、
古今東西?原始の昔から?生まれつき?若い女は浅はかなのか?!

犯人がまだ捕まらず、そこいらをウロウロしているってのに、
なぜ、夜中に田んぼのあぜ道、林の中へ出て行けるのか?!
それも、女性がひとりっきりで!?
どうして、行くなと言われているところに行くのか、少女よ!?

おばちゃんには、わかりません。

あんたも悪いんだよ、おねえちゃんたち。

なにが彼女たちをそうさせるのか?


そういえば、



病院に見舞いに来てくれた小学6年生の姪っ子、
背中まで伸びた長い髪、すでに背丈は150センチ以上。

超ミニの黒のレースのワンピース、肩ひもは腕まで下がって、
重ね着している下着の肩ひももテロテロ下がりっぱなし。

両親(ゴロ弟夫婦)は立っているのに、ひとり椅子に腰掛け、
すらりとした長い足を斜めに組めば、すでに肉感的。(ーー;

しばらくは、やさしくお見舞いされていたごろ寝だが、
ついに我慢できず、

「で、なあにっ、この服は!?」

「そんなかっこうでフラフラ外を歩かないでちょうだい!」

「今度、私と会うときには、それにTシャツとスパッツをはく事っ!」

ガミガミ言ったら、後ろで父親(ゴロ弟)が、もっと言えって、
ジェスチャーしてる。

お前が言えっ!

2010/7/27  暑い。。。。。。  つれづれ日記

暑い暑い!暑〜い!

家にじっとしていると、暑い。
クーラーが苦手だし、うちモロ西向きだし。

せめて、ベランダに何度も打ち水
そうだ!
なんか、省エネで、細かい霧で涼しくなるやつ!?

と、ネットで検索してみた。

そうそう、これこれ!
こんな「ドライミスト」が欲しいな。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライミストの考案者、辻本誠教授の自宅マンションのベランダに
設置された家庭用ドライミスト。細かい霧を噴射して、水が蒸発する
際に奪う気化熱で空気の温度を下げる。

ほほう!
いいわ〜、これ、ほしいわ〜

下の画像は、業者さんのHPからいただいた。
あ〜、涼しげ〜

クリックすると元のサイズで表示します


2010/7/26  本日退院、帰宅です(^^)  病気

帰宅して、やっとPCにありつきました。
病院からの投稿は、ケータイで、いたしまして、
ミッシモさん、ためちゃん、コメントいただいたのに、
表示もお返事も遅くなって申し訳ございませんでした。

さて、そういうわけで、本日予定どおり、退院しました。

早いでしょ?

特に私が「超人」とか「人間以外」ってわけではないんですよ。

私の手術は、「左乳がん単純切除術」って言って、
皮膚は出来るだけ小さく切り取って、脂肪全体を抉り取る手術で、
極端に言うと、一番簡単(と想像する)で、傷あともただの一直線、
(見せたら、引っかき傷だねっていった友人もいます。笑)だから、
直りも早いし、痛みもほとんどないんです。

部分切除や、人口乳房を作る方は、複雑な手術になるので、
どうしても後が大変だし、痛みも大きいらしいです。

今回、アレルギートラブルで、閉口した時期もありましたけど、
とてもいい病院だったわけです。
ですので、感動したことを簡単に書きます。

1.担当看護師さんが、ちょっとだけですが、手話が出来た。

2.手術室の中まで、手話通訳者の同行が許され、
  ごろ寝が麻酔で落ちるまで、通訳をしてもらえた。
  当然、落ちる寸前の通訳は、「これから、麻酔が入ります!」

3.麻酔で落ちるまで、メガネをかけさせてもらった。
  ド近眼ですから、メガネがないとすごく不安なんですよ。

4.回復室で目が覚めたら、すぐにメガネと手話通訳者が配備。

5.手術当日、緊張して、手話通訳者と手術室に入っていったら、
  第一扉の前に若いピチピチした看護師さんたち(男性もいた)
  5,6人がずらりと並んでおり、せーので、
  「おはようございます!」と手話表現した。

6.麻酔の先生は、きみまろにそっくりだった。

5←すごいでしょ?ね、すばらしいでしょ?
もーね、おばちゃん、照れくさいやらうれしいやら、大笑いでね、
きっと、だれかが、「これやろう!」なんつって、大急ぎで覚えて、
私らが行く直前まで、みんなで練習繰り返してたんだと思うけど、
その、気持ちがさ、ありがたいじゃないの。
緊張吹っ飛んじゃって、大感激、ドラマみたいでした。

手術時間は、先日3時間と書いたのですが、実際は1時間半くらい
だったようで、残りの時間は体調の回復待ちだったようです。
このように、手数のかからない、長引く心配のない手術だから、
朝一番ってことだったんでしょうか。
右の乳がん手術のときも、朝一番でしたね、そういえば。
朝一番もよかったです、順番待ってる時間は、イヤですから。

両方の乳房が、がんのおかげでなくなってしまったわけですが、
これで、バランスは、チョーよくなったですね。
先生も左右の傷あとが、ちゃんと「上がり目」になるように、
気をつけてくれたみたいです。
(傷あとは、きれいになくなるのが普通らしいです。)

3年半前、右の乳房を取ったときに、なにげにT子に、

「これさ〜、両方取っちゃう人もいるのかなあ??」
「いるわよ〜、そういう人も。」

なんて会話があって。

おれだよ、おれ!

いやはは、まあね、人生いろいろありますが、いま、
「男になりたいわ!こんなもん要らないっ!」
なんて思ってる若い方も、先行きこういうラッキー?もありますから、
焦らないほうがね、いいんじゃないかあ、なんて思う次第です。
ばっちり、保健適用ですし。

あら、あんま、関係なかったですね、これは(^^;
失礼いたしました!

さきほど、退院して、病院近くのお茶屋さんの喫茶室に直行。
ぜったいに食べたかった、抹茶のカキ氷。
抜群でございました。
500円。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ