Dear Friend,Gentle Heart
2010/8/10  理想のメガネ屋があった  お気に入り

頭が坊主になって久しいが、見れば見るほど歪んだ頭部である。

ちなみに、私は自分を「ハゲ、ハゲ」と呼んで面白がっていたら、
先日見舞いに来た弟に、

「おねえはハゲじゃない。ハゲと坊主は違うんだ。」

と、言われてしまった。
(実際には、弟の言を小学生の姪っ子が書いてくれたのだ。)

ハゲには頭髪が生えてこないが、坊主頭は、生えてくる。
弟は、れっきとした、見たらつい笑っちゃうよなテッペンハゲである。
そうか、なんと申し訳ないことをしていたのだろう。
すまなかった。

さきほど、仕事中、ボスが、ごろ寝の後ろに立った気配、
(それは大抵、隠れて食べている豆菓子の匂いでわかるのだが)
がしたので、なんだろうと思ったら、

「ごろ寝さん、いいなあ、生えてきてるよ!」

そういって、首を振り振り席に戻ったらしい。
ほんとに素直だなあ、ボスは。

たしかに、黒い髪が少しづつではあるが生えてきて、
なんだかみっともないようなので、先週、散髪に行った。

事前に、行きつけのパーマ屋さんに連絡を取って、
1000円でやってくれるように頼んでみたら、OKだという。

ふっふっふ、案の定、忘れているな店長のやつ、
お誕生日カードに「1000円割引きサービス」が付いているのを。

1000円にしてもらって、これを出せば、タダになるという寸法だ。

勇躍、パーマ屋を訪れたごろ寝は、久しぶりに会った店長に言う。

「横は短めにして、後はそろえるだけ、後ろはボリューム出して、
ゼッペキを目立たぬようにして。」

ふっ
どうだ、できまいが。

ところが、店長は、莞爾と微笑み

「はい、かしこまりました。」

というではないか。

ね?こ〜れだもの、ったくなんていい加減な店だろ。
ごろ寝にぴったりなのだ。

丁寧に洗髪(頭皮)してもらい、マッサージまでしてくれた。
とても気持ちよかったのだ。

さて、支払いの段になり、1000円だったね?と言いつつ、
くだんのお誕生日カードを差し出す。
店長は、あわてず騒がず、

「通常2100円のところ、1000円割引きで、1100円になります。」

・・・・・・・・・・ま、だろうねだろうね、そうだろね。


あれ?違うんだ、こういう話をしようと思ったんじゃない。
メガネの話だったんだけど。
それは、次回に延期いたします。




AutoPage最新お知らせ