Dear Friend,Gentle Heart
2011/2/10  バリでテニスバカ、4時間強  テニス

男子テニスツアーのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/
ロッテルダム、賞金総額115万ユーロ、ハード)は9日、残りのシングルス
1回戦4試合が行なわれ、第2シードのA・マレー(英国)がM・バグダティス
(キプロス)に4-6, 1-6のストレートで敗退!

男子テニスツアーのSAPオープン(アメリカ/サンホセ・ハード)は8日、
シングルス1回戦6試合が行なわれ、第8シードの錦織圭(日本)が
J・ハジェク(チェコ共和国)に6-1, 7-6 (10-8)のストレートで勝利、
2回戦に駒を進めた。

プロテニス界、休む間もなくガンガン進んでおります。

ごろ寝たちも、も〜ちろん、
バリ島で、暑い中、ぶっ続けで4時間以上シングルスやりまして、
バトラーのウィンダさんもぶったまげ「ストロング〜!!」って(^▽^;
全豪のスキアポネ対クズネツオワ、超えました?!(笑)
温度計(いつもバッグに付けている)を試しにひなたのテーブルに放置したら、
針は限界点50度ぶっちぎり、目分量で、60度のところまで行ってました。

ボールを12コ持って行ったので、ボールがなくなったらゲームセット、
全部ダブルフォルト、ってのもありました(==;
サービスが全部入れば、12ポイントを取りっこするという、
いちいち、ボール拾うのがめんどくさいので、変則ゲームでした。

しかし、へたくそなのはバックハンドストローク。
ゆうべ、西織くんのゲーム見ながら、
なぜいつまでもこの左手がどんくさいのかと考えた末、
ハンドボールほどの大きさのビーチボールを出してきまして、
右手で投げたり、左手で投げたり、
ちょっと手の動きを確認しつつ、自分なりに練習してみたらですね、
「ん?」「んん!?」「んんんん〜ん!(^m^)」
なにか、出来るような気がしてきましたんです。

さっそく今朝、久〜しぶりに早朝6時からのレッスンに駆けつけたら、
あらま、A田コーチと二人っきりのマンツーマンだったんですの。
いいねいいね〜!
というわけで、ストローク、ボレー、たくさん打てて、よかった!

ま、結局バックハンドは、そんなに急にうまくなるはずもなく、
相変わらずでした。

特に勉強になったのはサービスです。

ま、いきなり、フォームを直されましたケド。。。。。。。

両腕をリンクして、左右対称に上げ、ラケットを大きく動かす、
オーソドックスなアレ式に。

かれこれ、4、5年ほど前にも、直されたのに、トスがうまく上がらなくて、
すっかり自己流になってまして(^^;

で、当然、タイミングが取れずにちぐはぐになっちゃったんですが、
グッドサービスが、ちらほら出るんですよね〜、これが!
やっぱ、コーチの言うことは、聞きましょう、みなさん、ね!
っていうか、聞けよ自分〜

とにかく、背中にまわったラケットが、
左肩越しに見えるくらいでないとあかんのです。
またまた、フォーム、こっちに変更します。

サービスのスライス、フラット、スピンの打ち方の違い。
理屈はわかってるんだけど、やっぱり、コーチのサービスを
じっくり見ると、よくわかるもんです。
コーチのスライスなんて、くい〜っと曲がりますからね、すごいです。
スライスが、結構できるようになり、ついでに、トス上げのタイミングも
合ってきました。

それにしても、さすがに上級クラスには朝っぱらから、
テニスバカおじさんが5人おります。
この中級クラス、余裕で出勤できるし、マンツーマンはいいよねっ!
めっちゃ穴場ではあるんですが、
毎週は辛いだろなあ。。。。。。。

↑半分やる気ですね。




AutoPage最新お知らせ