Dear Friend,Gentle Heart
2011/8/31  全米オープンテニス開幕だ!っでいいのか、諸君よ?!  ゴタク

いよいよ暑かった2011年8月も終わり、
ハリケーンで心配された全米オープンテニス開幕です。

日本勢玉砕。
西織、森田、土居棄権!添田ダウン!

そして、伊達さんダウ〜ン!
2セットともタイブレークで競り負け、試合に「ればたら」はないが、
ケガなかりせば。。。。

こういう状況に、テレビの前で、
「だらしない!」とか「情けない!」とかいう人がいるんですけど、

「おまえ、やってみろ!」

テニスに限らず、スポーツ選手って、た〜いへんなんですよ。
世界陸上もテレビで盛り上がってますけど、みなケガで苦労してる。
そうそう、
両足義足の選手が走ってましたねえ、すばらしかったねえ!

とにかく体操選手だって相撲取りだって、みんな身体ボロボロですから。
そんな苦しい思いしてまで、なんでこんなことやるんだ、って思うわけですよ。

「好きなんです。」

そ〜なんです、好きでやってるんです。
好きだからできるんです、苦労も厭わないんです。
苦しいけど楽しい、いや、苦しくなくちゃ楽しくないんです。
自分のためにやってるんです。

見ている人のためにやってるんじゃないのよ。

だから我々も、人の好きでやってる姿見て、
ストレス解消したり、泣いたり、大喜びしたり、あげく、
感動をありがとう!って、どーよ、これじゃダメでしょ。

自分、自ら、なんか熱くやんないと。

好きなこと、やりたいことを思いっきりやるんですよ。
頭痛だろうが、腹痛だろうが、ガンだろうが、障害があろうが、
人が止めたって、無理だって、テニスが好きならやるんです。
この、私を見なさいっ(笑)

そのために、命があるんです。
ま、大した命じゃないっすけど。

でも、

その好きな、やりたいことが、趣味やスポーツやゲームでなく、

家族の役に立つ、
ほかの誰かの役に立つ、
社会の役に立つ、
国の役に立つ、
世界の役に立つ、
そして、
神さまの役に立つ、
そういう運動、仕事だったらすばらしい。

命は、そのためにあるんです。
そして、その命は、計り知れないほど大きいです。

日本人よ、
たかがスポーツにうつつを抜かしている場合でないのだっ!
この現状を見よ!未来を見据えよ!

ローマの支配者が言った、
「おバカな国民には、パンとサーカスを与えておけばよい。」
空腹を満たしてやり、熱狂できる面白い見物にうつつを抜かしていれば、
大事なことには目を向けなくなり、政治も経済もやりたい放題というわけさ。

ううううう〜、くっそおお〜!
こんなん言われて、あんたさん、腹立ちませんか?

みんな、起きよ!いいかげん目覚めよっ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はっ


ふうう〜



「このことは知っておかなければならない」を常に考えていると、
思考がこうアゲアゲ(で合ってるのか?)に、
全部ここへ来ちゃうんです。

キツイ(笑)

でもね、ときどきはやっぱり引き締めないと。
もう、57歳だからね。


2011/8/29  そろそろラケット買換えに  テニス

さて、ヒンギスの再復帰⇒オリンピック出場⇒フェデラーとミックス、
望みは、かなり薄いようです。
以下、またまた掲示板からいただきました。

投稿者:バラージ
投稿日:2011年 8月18日(木)17時35分46秒
いろいろ探してみたのですが、
携帯サイトのテニスネットProの記事が一番くわしく載ってました。
http://tennisnet.jp/i/info/news02.php?id=9036&uid=NULLGWDOCOMO

その記事からフェデラーの言葉だけ抜き出して書きますが、
一般に出ている記事とはちょっとニュアンスが違うようです。

「彼女が乗り気かどうか分かるといいね」
「もし誰かとミックスを組むとしたらヒンギスになるだろうね。だって彼女は
 素晴らしい選手だし、ホップマンカップで彼女と組んで初めて成功したんだ。
 以前は一緒に練習した仲なんだからね。彼女は引退しているけど少なくとも
 オリンピックのことは頭にあると思うよ。僕はずいぶん前に彼女にそれに
 ついて話したことがあったよ。その時彼女はプレスに何か話しただけに
 終わったけど、彼女自身の人生だからね」
でもまだ僕は彼女に話していないんだ。どうなるかまだ分からないよ。
 シングルス・ダブルス・ミックスはちょっと多いかなと思うけど、
 僕自身がそれを実行したいのか決める必要があるよ。
 そして彼女が引退生活からカンバックするかどうかだね。
 僕にはまだやるべきことがたくさんあるし、まだ話してもいないんだ。
 だからどうなるかまだ見当がつかないよ」
彼女を説得する必要があるかどうか僕にはわからないね
 彼女自身もチャンピオンなんだ。僕と違って彼女は引退しているし、
 復帰することになるとハードワークをすべてやり直す必要がある
 僕はツアーでプレイしているから基本的に準備が出来ているけど、
 彼女には鍛え直す仕事が待っているんだ。
 聞くところによると、
 彼女はダブルスだけのためにカンバックはしたくない
 いうし、それは僕も理解できるよ。とにかく彼女の決断次第だね」
「彼女と話してみるよ」

もしミックスダブルスで誰かと組むとしたらヒンギスだけど、
彼女が嫌だと言えば無理強いはしないし、それ以前に自分自身が
(シングルスと男子ダブルスに加えて)ミックスダブルスにまで出るか
決めていない、といったところでしょうか。
フェデラーにとってはシングルスの金メダルが最優先事項でしょうし、
バブリンカと組むであろう男子ダブルスに加えて、さらにミックスダブルス
にまで出るかどうかも未知数なので、可能性は決して高くないような……。

『スマッシュ』には、ヒンギスやフェデラーと親しいスイス人ジャーナリスト
の連載コラムがあるのですが、最新号でこの問題に触れています。
その記事では、フェデラーにすれば(シュナイダーなき今)バシンスキー
ではパートナーとしてあまりにも力不足と感じているのだろう、とした上で、

 @ヒンギス自身にあまりその気がないうえに、ヒンギスは、
 Aフェド杯に2年以上出場(の意思を示す)という条件を満たしておらず、
 Bドーピング違反で半年以上の出場停止となった選手は次の五輪に出られない、

  という五輪憲章第○条(何条か忘れた)にも抵触している、と指摘されてました。
  (@〜Bの順番は、ごろ寝が付けました。)

以上、バラージ様、情報をありがとうございました。

そうですか。。。。。。。。五輪憲章。。。。。。残念無念

ところで、

2010.09.08マルチナ・ヒンギス EZONEで再始動!
http://www.yonex.co.jp/news/2010/09/1009071000.html

ヒンギス、ヨネックスと再契約してたんだわ!
今、知りました。

ごろ寝、ヨネックスは使ったことがないんだけど、
EZONEは、パワーを求めるごろ寝なんか、いいのかも。

最近、従兄弟がヘッドのおニューラケット買ったんですね。
ジョコビッチにシャラポワ、そろって優勝したてんだから、
気になるんですわ。

ユーテック シャラポワ
http://www.head.com/tennis/products/racquets/power/youtek-six-star/2527/?region=jp

う〜ん、良さそうじゃん。

行きつけのテニスショップ、ラケットも様変わりしてびっくり。
ダンロップやヨネックスがおいてなかったりする。
で、最近台頭してきたのが、スリクソンだ。
どうなのかな?

REVO X2.0tour を、鈴木貴男プロが動画レビュー 
地を這うようなスライスは必見!
http://lafino.tennis-navi.jp/fs/tennisshop/c/gr1179

ほほう!
これね、ラケットもあれだけれども、とても参考になりました。

プロのスイートスポットは、ほんとに1点しかないのですが、
スライスとスピンでは、ラケットに当たる位置が違うんですね〜。
私も意識してみよう!スライスは上部、スピンは下部か〜。
それに、ラケットの感触は、サービスで確かめるのがいいんだ!

こちらも鈴木選手です。
http://www.tennis-navi.jp/gear/maker/srixon/015628.php

なるほどねえ!
たまたま入っちゃった、じゃダメなんですよ、プロは。
私なんか、ミスしてもタマタマ入ってくれるラケットがいいのに、
ハイクラスなハイエンドなスペックのラケットが割と好き。
絶対に100センチ以上のラケットはいやだ。
255なんて、軽すぎるラケットもいやだ。
ま、要するにかっこが一番(笑)
いんや、

ラケットにふさわしい(中級)プレーヤーになろうとしてるんですっ

なに?

そんなことプロの技だのを参考にして、難しいラケット使うから、
どんどん基本から外れ、おかしくなっちゃうんだよって?!

まあね、たしかに。
ごろ寝には、でかくて、軽いラケットだ。


でも、いやなんですっ(笑)


2011/8/29  ヒンギス被災地でテニス教室  テニス

いや〜、ご無沙汰です!

またまた掲示板から情報いただきました!
大変です、あなた!ヒンギスが来日していたんです!
知らなかったなあ。。。。。。。

26日、新潟長岡希望が丘で
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20110827-OYT1T00050.htm

27日、仙台市泉区のテニスクラブ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/08/27/kiji/K20110827001498100.html

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=K4-dotux26U

「ボールを早く打って。主導権を得ることが大事。」

そっか、はい!がんばりますっ!っておまえじゃない(笑)

うまくなれ、子供たち!




AutoPage最新お知らせ