Dear Friend,Gentle Heart
2011/8/31  全米オープンテニス開幕だ!っでいいのか、諸君よ?!  ゴタク

いよいよ暑かった2011年8月も終わり、
ハリケーンで心配された全米オープンテニス開幕です。

日本勢玉砕。
西織、森田、土居棄権!添田ダウン!

そして、伊達さんダウ〜ン!
2セットともタイブレークで競り負け、試合に「ればたら」はないが、
ケガなかりせば。。。。

こういう状況に、テレビの前で、
「だらしない!」とか「情けない!」とかいう人がいるんですけど、

「おまえ、やってみろ!」

テニスに限らず、スポーツ選手って、た〜いへんなんですよ。
世界陸上もテレビで盛り上がってますけど、みなケガで苦労してる。
そうそう、
両足義足の選手が走ってましたねえ、すばらしかったねえ!

とにかく体操選手だって相撲取りだって、みんな身体ボロボロですから。
そんな苦しい思いしてまで、なんでこんなことやるんだ、って思うわけですよ。

「好きなんです。」

そ〜なんです、好きでやってるんです。
好きだからできるんです、苦労も厭わないんです。
苦しいけど楽しい、いや、苦しくなくちゃ楽しくないんです。
自分のためにやってるんです。

見ている人のためにやってるんじゃないのよ。

だから我々も、人の好きでやってる姿見て、
ストレス解消したり、泣いたり、大喜びしたり、あげく、
感動をありがとう!って、どーよ、これじゃダメでしょ。

自分、自ら、なんか熱くやんないと。

好きなこと、やりたいことを思いっきりやるんですよ。
頭痛だろうが、腹痛だろうが、ガンだろうが、障害があろうが、
人が止めたって、無理だって、テニスが好きならやるんです。
この、私を見なさいっ(笑)

そのために、命があるんです。
ま、大した命じゃないっすけど。

でも、

その好きな、やりたいことが、趣味やスポーツやゲームでなく、

家族の役に立つ、
ほかの誰かの役に立つ、
社会の役に立つ、
国の役に立つ、
世界の役に立つ、
そして、
神さまの役に立つ、
そういう運動、仕事だったらすばらしい。

命は、そのためにあるんです。
そして、その命は、計り知れないほど大きいです。

日本人よ、
たかがスポーツにうつつを抜かしている場合でないのだっ!
この現状を見よ!未来を見据えよ!

ローマの支配者が言った、
「おバカな国民には、パンとサーカスを与えておけばよい。」
空腹を満たしてやり、熱狂できる面白い見物にうつつを抜かしていれば、
大事なことには目を向けなくなり、政治も経済もやりたい放題というわけさ。

ううううう〜、くっそおお〜!
こんなん言われて、あんたさん、腹立ちませんか?

みんな、起きよ!いいかげん目覚めよっ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はっ


ふうう〜



「このことは知っておかなければならない」を常に考えていると、
思考がこうアゲアゲ(で合ってるのか?)に、
全部ここへ来ちゃうんです。

キツイ(笑)

でもね、ときどきはやっぱり引き締めないと。
もう、57歳だからね。





AutoPage最新お知らせ